噴火警戒レベル3で入山規制 箱根駅伝から“山の神”が消える

公開日:  更新日:

 決断の時期は刻一刻と迫っている――。

 先月下旬から続く箱根山の小規模噴火に伴い、箱根駅伝の開催が懸念され始めている。

 大涌谷周辺で水蒸気の噴出が起こった5月上旬ごろは、立ち入り禁止区域もごくわずか。噴火の予想も低かったため大会関係者からは「開催に支障なし」という楽観的な声が大勢を占めていた。ところが、先月下旬に小規模噴火が確認されると状況が一変。噴火警戒レベルが「2」から、入山規制の「3」に引き上げられたうえ、大涌谷からおよそ1キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石への警戒も呼びかけられている。

 この状況に箱根駅伝を放送する日本テレビ関係者も、「火口周辺の警戒で済む『噴火レベル2』ならまだしも、今は居住地域近くまで重大な影響を及ぼすといわれる『レベル3』です。このレベルから再び1段階下がるのは最低でも1年ぐらいかかるそうですから、今回は予断を許さない」と不安顔。主催者である関東学生陸上競技連盟も、「今はいろいろな情報を収集している段階。今後の(箱根周辺の状況も)予想ができる状況ではない。どうなるかは何も決まっていない」と話し、開催決行、中止などの決断時期に関しては「何か決まったら発表します」を繰り返すだけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る