W杯招致活動でドイツ連盟会長らが強制捜査 日本は大丈夫か

公開日:  更新日:

 一連のFIFA絡みの汚職疑惑に関してこのほど、ドイツの捜査当局がドイツサッカー連盟(DFB)の現会長と前会長の自宅などに強制捜査に入った。06年W杯をドイツに招致した際、約9億円がDFBからFIFAに送金され、これが「取引の痕跡がない招致に関する不明朗な金」(地元紙)という疑いを持たれているのである。

「欧州の中ではクリーンといわれるドイツで起きた不祥事です。02年日韓W杯招致、カタールに決まった22年W杯の招致活動で、日本に“アンダーグラウンドのカネ”の流れはなかったのか? 関係者は“ドイツと同じような事件が起きないか?”と不安な気持ちを抱いているでしょう。個人的にもW杯招致に関してアブナイ話を耳にしてきた。たとえば02年W杯の招致期間中、日本と縁の深い大物ブラジル人選手が『オレに2億円くれ。W杯の投票権を持っているブラジル人関係者を紹介してやる』と日本の招致関係者に接触してきた。日本サッカー協会や招致委員会などが直接手を下さないまでも、“意をくんだ団体”が非合法なカネを動かした可能性もありますからね」(スポーツライター・平野史氏)

 決して対岸の火事ではない。ドイツの火の粉が日本に飛んできそうな雲行きなのである──。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る