W杯招致活動でドイツ連盟会長らが強制捜査 日本は大丈夫か

公開日:  更新日:

 一連のFIFA絡みの汚職疑惑に関してこのほど、ドイツの捜査当局がドイツサッカー連盟(DFB)の現会長と前会長の自宅などに強制捜査に入った。06年W杯をドイツに招致した際、約9億円がDFBからFIFAに送金され、これが「取引の痕跡がない招致に関する不明朗な金」(地元紙)という疑いを持たれているのである。

「欧州の中ではクリーンといわれるドイツで起きた不祥事です。02年日韓W杯招致、カタールに決まった22年W杯の招致活動で、日本に“アンダーグラウンドのカネ”の流れはなかったのか? 関係者は“ドイツと同じような事件が起きないか?”と不安な気持ちを抱いているでしょう。個人的にもW杯招致に関してアブナイ話を耳にしてきた。たとえば02年W杯の招致期間中、日本と縁の深い大物ブラジル人選手が『オレに2億円くれ。W杯の投票権を持っているブラジル人関係者を紹介してやる』と日本の招致関係者に接触してきた。日本サッカー協会や招致委員会などが直接手を下さないまでも、“意をくんだ団体”が非合法なカネを動かした可能性もありますからね」(スポーツライター・平野史氏)

 決して対岸の火事ではない。ドイツの火の粉が日本に飛んできそうな雲行きなのである──。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る