W杯招致活動でドイツ連盟会長らが強制捜査 日本は大丈夫か

公開日: 更新日:

 一連のFIFA絡みの汚職疑惑に関してこのほど、ドイツの捜査当局がドイツサッカー連盟(DFB)の現会長と前会長の自宅などに強制捜査に入った。06年W杯をドイツに招致した際、約9億円がDFBからFIFAに送金され、これが「取引の痕跡がない招致に関する不明朗な金」(地元紙)という疑いを持たれているのである。

「欧州の中ではクリーンといわれるドイツで起きた不祥事です。02年日韓W杯招致、カタールに決まった22年W杯の招致活動で、日本に“アンダーグラウンドのカネ”の流れはなかったのか? 関係者は“ドイツと同じような事件が起きないか?”と不安な気持ちを抱いているでしょう。個人的にもW杯招致に関してアブナイ話を耳にしてきた。たとえば02年W杯の招致期間中、日本と縁の深い大物ブラジル人選手が『オレに2億円くれ。W杯の投票権を持っているブラジル人関係者を紹介してやる』と日本の招致関係者に接触してきた。日本サッカー協会や招致委員会などが直接手を下さないまでも、“意をくんだ団体”が非合法なカネを動かした可能性もありますからね」(スポーツライター・平野史氏)

 決して対岸の火事ではない。ドイツの火の粉が日本に飛んできそうな雲行きなのである──。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  6. 6

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る