半年居座るFIFAブラッター会長 “偽札シャワー”は自業自得

公開日: 更新日:

 これはもう、汚職問題で揺れる国際サッカー連盟(FIFA)を象徴する事件以外の何物でもない。

 FIFAが20日、スイスのチューリヒで臨時理事会を開き、ブラッター会長の後任を決める選挙を来年の2月26日に実施すると発表。ブラッター会長が記者会見に臨む直前、会場にいた男性が同会長に向けて大量の偽札を投げつけたのだ。

 ブラッター会長は取り乱し、一時、席を立つひと幕もあったが、自業自得ではないか。

 同会長の腹心が汚職にかかわっていたのは周知の事実。本来ならすぐにでも責任を取ってしかるべきなのに、いったんは辞任を表明しながら辞意を撤回。自ら組織を改革していくつもりらしいから、盗人たけだけしいというか、厚かましいにもほどがある。早急に体制を刷新する必要があるという理事会内の声も無視、選挙が予定されていた期間では最も遅い時期まで現体制のまま居座ることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る