• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

半年居座るFIFAブラッター会長 “偽札シャワー”は自業自得

 これはもう、汚職問題で揺れる国際サッカー連盟(FIFA)を象徴する事件以外の何物でもない。

 FIFAが20日、スイスのチューリヒで臨時理事会を開き、ブラッター会長の後任を決める選挙を来年の2月26日に実施すると発表。ブラッター会長が記者会見に臨む直前、会場にいた男性が同会長に向けて大量の偽札を投げつけたのだ。

 ブラッター会長は取り乱し、一時、席を立つひと幕もあったが、自業自得ではないか。

 同会長の腹心が汚職にかかわっていたのは周知の事実。本来ならすぐにでも責任を取ってしかるべきなのに、いったんは辞任を表明しながら辞意を撤回。自ら組織を改革していくつもりらしいから、盗人たけだけしいというか、厚かましいにもほどがある。早急に体制を刷新する必要があるという理事会内の声も無視、選挙が予定されていた期間では最も遅い時期まで現体制のまま居座ることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  6. 6

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  9. 9

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る