半年居座るFIFAブラッター会長 “偽札シャワー”は自業自得

公開日:  更新日:

 これはもう、汚職問題で揺れる国際サッカー連盟(FIFA)を象徴する事件以外の何物でもない。

 FIFAが20日、スイスのチューリヒで臨時理事会を開き、ブラッター会長の後任を決める選挙を来年の2月26日に実施すると発表。ブラッター会長が記者会見に臨む直前、会場にいた男性が同会長に向けて大量の偽札を投げつけたのだ。

 ブラッター会長は取り乱し、一時、席を立つひと幕もあったが、自業自得ではないか。

 同会長の腹心が汚職にかかわっていたのは周知の事実。本来ならすぐにでも責任を取ってしかるべきなのに、いったんは辞任を表明しながら辞意を撤回。自ら組織を改革していくつもりらしいから、盗人たけだけしいというか、厚かましいにもほどがある。早急に体制を刷新する必要があるという理事会内の声も無視、選挙が予定されていた期間では最も遅い時期まで現体制のまま居座ることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る