• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FIFA汚職問題 灰色プラティニ副会長はやはり真っ黒だった

 よくも会長選に出るなんて言えたもんだ。

 国際サッカー連盟(FIFA)幹部の汚職をめぐる問題で欧州連盟(UEFA)会長のミシェル・プラティニ氏(60)は19日、FIFAゼップ・ブラッター会長(79)から契約書なしに高額の金銭を受け取っていた事実を認めた。仏紙ルモンドに対し、「個人同士のやりとりだった。恥じている」と述べた。

 スイス検察当局が調査に乗り出していた疑惑の金額は200万スイスフラン(約2億4800万円)。ルモンドによると両氏の関係は98年から続いていたという。すでにこの2人は、FIFAの倫理委員会から90日間の暫定職務停止処分を科されているが、来年2月に行われる予定の次期会長選に出馬する意向を示していたFIFAの副会長でもあるプラティニ氏は、その道を断たれる可能性がある。

 日刊ゲンダイは今年6月、ブラッター会長の突然の辞任を受けて、「伏魔殿FIFAの内幕」という緊急連載を掲載した。その中では、22年W杯の開催地を決める際、「大本命といわれる米国に投票する」と示唆していたプラティニ氏が、カタールに投票した衝撃の内幕と、実は真っ黒な一面を持つことを詳しく報じている。

 プラティニ氏は現役時代、フランス代表のエースとして84年の欧州選手権において同国に初の国際タイトルをもたらし、88年から5年間は母国の代表監督を務めた。FIFAの幹部は「莫大な金で私腹を肥やす腐りきった連中ばかり」と言われてきたが、フランスの英雄も例外ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る