• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FIFA次期会長目指すジーコの仰天“清廉潔白”エピソード

 汚職にまみれたFIFA(国際サッカー連盟)の騒動が元ドイツ代表のレジェンド、ベッケンバウアー(70)にも飛び火した。21日、FIFA倫理委員会が「ベッケンバウアー氏も調査対象になっている」と発表。地元メディアは「W杯招致の買収疑惑」を書き立てている。あの“皇帝”まで……とサッカー界は大揺れだ。

 FIFAは、ブラッター会長を筆頭に幹部、理事の90%以上がクロといわれている中、改革派の旗頭としてクリーンなイメージがあった元フランス代表でFIFA副会長のプラティニにもスキャンダルが発覚。11年にブラッターから名目不明の2億5000万円が支払われたことが明らかになり、出馬の意向を示していた来年2月のFIFA会長選も辞退せざるを得なくなっている。

 ベッケンバウアーに関しては、一部から「次期会長に適任では?」という声が上がっていた。その矢先の「W杯招致買収疑惑」騒動でこちらもアウト。FIFAは解体の危機に瀕していると言っていいが、「公私にわたってクリーンな人物にFIFA会長を任せるしかないのは明らか。サッカー界に適任者がいます」と、Jリーグ関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る