FIFA次期会長目指すジーコの仰天“清廉潔白”エピソード

公開日:  更新日:

 汚職にまみれたFIFA(国際サッカー連盟)の騒動が元ドイツ代表のレジェンド、ベッケンバウアー(70)にも飛び火した。21日、FIFA倫理委員会が「ベッケンバウアー氏も調査対象になっている」と発表。地元メディアは「W杯招致の買収疑惑」を書き立てている。あの“皇帝”まで……とサッカー界は大揺れだ。

 FIFAは、ブラッター会長を筆頭に幹部、理事の90%以上がクロといわれている中、改革派の旗頭としてクリーンなイメージがあった元フランス代表でFIFA副会長のプラティニにもスキャンダルが発覚。11年にブラッターから名目不明の2億5000万円が支払われたことが明らかになり、出馬の意向を示していた来年2月のFIFA会長選も辞退せざるを得なくなっている。

 ベッケンバウアーに関しては、一部から「次期会長に適任では?」という声が上がっていた。その矢先の「W杯招致買収疑惑」騒動でこちらもアウト。FIFAは解体の危機に瀕していると言っていいが、「公私にわたってクリーンな人物にFIFA会長を任せるしかないのは明らか。サッカー界に適任者がいます」と、Jリーグ関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る