ブラッターが暗躍 「極秘文書」が語るW杯日韓共催決定の瞬間

公開日: 更新日:

 02年W杯日韓共催決定に際してFIFAの誰が共催を推進したのか、本紙は有力な手掛かりとなる文書を入手した。

 96年6月1日のFIFA理事会で02年W杯の開催地は日本なのか、それとも韓国なのか、投票によって決まることになっていた。ところが――。

「投票の2日前の5月30日にFIFAのトップのアベランジェ会長(当時)ではなく、ナンバー2だったブラッター専務理事(当時=現FIFA会長)から、チューリヒに滞在していた日本サッカー関係者に電話が入ったのです。対応したのは英語に堪能な岡野俊一郎副会長(当時)。そこで日韓共催を持ち掛けられた日本側は、文書化して欲しいと要望したところ、ブラッター氏の署名入りのFAX(写真左)が送られてきました。日本は共催やむなしの状況を知り、アベランジェ会長宛てに<それがFIFAの望みであれば応じる>と書かれたペーパーをFIFAに託したのです」(当時の状況を知るサッカー関係者)

 なぜアベランジェ会長を差し置いて、ブラッターは共催に向けて尽力したか? 韓国は、日本の単独開催だけは阻止したかった。FIFA幹部や理事にアンダーグラウンドなマネーが流れていたとするならば――。ブラッターの「言動」の意味が浮かび上がってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る