ブラッターが暗躍 「極秘文書」が語るW杯日韓共催決定の瞬間

公開日:  更新日:

 02年W杯日韓共催決定に際してFIFAの誰が共催を推進したのか、本紙は有力な手掛かりとなる文書を入手した。

 96年6月1日のFIFA理事会で02年W杯の開催地は日本なのか、それとも韓国なのか、投票によって決まることになっていた。ところが――。

「投票の2日前の5月30日にFIFAのトップのアベランジェ会長(当時)ではなく、ナンバー2だったブラッター専務理事(当時=現FIFA会長)から、チューリヒに滞在していた日本サッカー関係者に電話が入ったのです。対応したのは英語に堪能な岡野俊一郎副会長(当時)。そこで日韓共催を持ち掛けられた日本側は、文書化して欲しいと要望したところ、ブラッター氏の署名入りのFAX(写真左)が送られてきました。日本は共催やむなしの状況を知り、アベランジェ会長宛てに<それがFIFAの望みであれば応じる>と書かれたペーパーをFIFAに託したのです」(当時の状況を知るサッカー関係者)

 なぜアベランジェ会長を差し置いて、ブラッターは共催に向けて尽力したか? 韓国は、日本の単独開催だけは阻止したかった。FIFA幹部や理事にアンダーグラウンドなマネーが流れていたとするならば――。ブラッターの「言動」の意味が浮かび上がってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る