データは上向きなのに 松山英樹「2015年未勝利」の原因は

公開日:  更新日:

 松山英樹(23)の2015年は未勝利に終わった。獲得賞金は375万8619ドル(約4億5100万円)だったが、昨年6月に米ツアー初優勝を挙げたメモリアルから2勝目が遠く、同11月に帰国して勝ったダンロップフェニックスが最後の勝利だ。

 データを見れば昨季(2014-15年)よりも成績はよくなっている。ポイントランクは28位から16位へアップ。トップ10入りは4試合から9試合と安定感が増した。

 では、なぜ勝てなかったのか? 米ツアーに詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏は、「慎重になりすぎているのかもしれない」とこう指摘する。

「米ツアーにはバウンスバックというカテゴリーがあります。ボギーを叩いた次のホールで、バーディー以上のスコアを出す確率のことでJ・デイ1位(5勝)、J・スピース5位(同)に対して松山は135位。ボギーを打った直後に取り返そうと積極的に攻めているのか、より慎重になっているのかの差が数字に出ています。ちなみにグリーンを外した(パーオン逃し)ときにパーか、それより良いスコアであがる確率のスクランブリングではスピース4位、デイ2位、松山30位。グリーンを外してもパーセーブできる自信があるから、スピースやデイはボギーを打った後でも攻めている。その違いは勝つためには大きい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る