日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

データは上向きなのに 松山英樹「2015年未勝利」の原因は

 松山英樹(23)の2015年は未勝利に終わった。獲得賞金は375万8619ドル(約4億5100万円)だったが、昨年6月に米ツアー初優勝を挙げたメモリアルから2勝目が遠く、同11月に帰国して勝ったダンロップフェニックスが最後の勝利だ。

 データを見れば昨季(2014-15年)よりも成績はよくなっている。ポイントランクは28位から16位へアップ。トップ10入りは4試合から9試合と安定感が増した。

 では、なぜ勝てなかったのか? 米ツアーに詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏は、「慎重になりすぎているのかもしれない」とこう指摘する。

「米ツアーにはバウンスバックというカテゴリーがあります。ボギーを叩いた次のホールで、バーディー以上のスコアを出す確率のことでJ・デイ1位(5勝)、J・スピース5位(同)に対して松山は135位。ボギーを打った直後に取り返そうと積極的に攻めているのか、より慎重になっているのかの差が数字に出ています。ちなみにグリーンを外した(パーオン逃し)ときにパーか、それより良いスコアであがる確率のスクランブリングではスピース4位、デイ2位、松山30位。グリーンを外してもパーセーブできる自信があるから、スピースやデイはボギーを打った後でも攻めている。その違いは勝つためには大きい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事