超高校級ズラリも…ラグビー4強の逸材たちに足りないもの

公開日: 更新日:

 高校ラグビーの4強が出揃った。

 3日は準々決勝4試合を行い、連覇を狙う東福岡(福岡)らシード校が順当勝ち。7日の準決勝は東福岡-東海大仰星(大阪第1)、桐蔭学園(神奈川)-石見智翠館(島根)の組み合わせとなった。

 いずれのチームもFWは重量級で、高校日本代表候補に名を連ねる選手は少なくない。超高校級といわれる逸材が顔を揃え、随所に好プレーも披露したが、彼らに19年日本W杯、20年東京五輪を託すのは心もとない。

 強豪といわれるチームでも、実はプレーががむしゃらなだけだからだ。

 各チームともトップリーグを参考に高い戦術を取り入れて、それなりにこなしてはいる。FW、BK一体となった連係プレーを見せるチームも増えたとはいえ、型にはまったプレーはできても、相手や状況に合わせて臨機応変にできる選手は少ない。高校ラグビー関係者も「判断力を養う指導をしなければ、海外のトッププレーヤーに太刀打ちできる選手が育たない」という。

 昨年のW杯では大躍進を果たした日本のラグビーも、先行きは決して明るくはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  9. 9

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る