超高校級ズラリも…ラグビー4強の逸材たちに足りないもの

公開日: 更新日:

 高校ラグビーの4強が出揃った。

 3日は準々決勝4試合を行い、連覇を狙う東福岡(福岡)らシード校が順当勝ち。7日の準決勝は東福岡-東海大仰星(大阪第1)、桐蔭学園(神奈川)-石見智翠館(島根)の組み合わせとなった。

 いずれのチームもFWは重量級で、高校日本代表候補に名を連ねる選手は少なくない。超高校級といわれる逸材が顔を揃え、随所に好プレーも披露したが、彼らに19年日本W杯、20年東京五輪を託すのは心もとない。

 強豪といわれるチームでも、実はプレーががむしゃらなだけだからだ。

 各チームともトップリーグを参考に高い戦術を取り入れて、それなりにこなしてはいる。FW、BK一体となった連係プレーを見せるチームも増えたとはいえ、型にはまったプレーはできても、相手や状況に合わせて臨機応変にできる選手は少ない。高校ラグビー関係者も「判断力を養う指導をしなければ、海外のトッププレーヤーに太刀打ちできる選手が育たない」という。

 昨年のW杯では大躍進を果たした日本のラグビーも、先行きは決して明るくはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る