国内定着のプロ野球キャンプ “海外ブーム”再到来あるのか

公開日:  更新日:

 吉と出るか、凶と出るか。

 29年ぶりに海外で春季キャンプを行う日本ハム。米国アリゾナ州ピオリア市にある施設、「パドレス・ピオリアスポーツコンプレックス」で2月1日から15日までトレーニングを積み、17日から沖縄・名護市に移る。

 かつては海外に赴く球団も少なくなかった。ヤクルトのユマや千葉ロッテのピオリア、巨人のグアムなどが有名だが、いずれも国内に拠点を戻した。日ハムも87年のフロリダ州サラソタが最後だ。

 久々となるプロ野球の海外キャンプ。ロッテ時代はアリゾナ、西武時代はフロリダでキャンプの経験のある山崎裕之氏(評論家)は「心配なのは体調管理です」と、こう話す。

「2月のアリゾナは朝は寒いが、日中は同時季の沖縄に比べても暖かい。野球をやるのにもってこいの環境といえます。しかし、だからこそ怖い。暖かいと、少し動いただけで筋肉がほぐれる。実際はそうではないのに、体が『これだけ動いても大丈夫』と錯覚してしまう。その感覚のまま、日本に戻ってきて寒い日に同じような練習をすれば、思わぬケガをする。2月下旬の沖縄でも寒い日はある。米国にいる時から体が錯覚しないよう、トレーナーとも相談しながら体調に気を配る必要があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る