国内定着のプロ野球キャンプ “海外ブーム”再到来あるのか

公開日: 更新日:

 吉と出るか、凶と出るか。

 29年ぶりに海外で春季キャンプを行う日本ハム。米国アリゾナ州ピオリア市にある施設、「パドレス・ピオリアスポーツコンプレックス」で2月1日から15日までトレーニングを積み、17日から沖縄・名護市に移る。

 かつては海外に赴く球団も少なくなかった。ヤクルトのユマや千葉ロッテのピオリア、巨人のグアムなどが有名だが、いずれも国内に拠点を戻した。日ハムも87年のフロリダ州サラソタが最後だ。

 久々となるプロ野球の海外キャンプ。ロッテ時代はアリゾナ、西武時代はフロリダでキャンプの経験のある山崎裕之氏(評論家)は「心配なのは体調管理です」と、こう話す。

「2月のアリゾナは朝は寒いが、日中は同時季の沖縄に比べても暖かい。野球をやるのにもってこいの環境といえます。しかし、だからこそ怖い。暖かいと、少し動いただけで筋肉がほぐれる。実際はそうではないのに、体が『これだけ動いても大丈夫』と錯覚してしまう。その感覚のまま、日本に戻ってきて寒い日に同じような練習をすれば、思わぬケガをする。2月下旬の沖縄でも寒い日はある。米国にいる時から体が錯覚しないよう、トレーナーとも相談しながら体調に気を配る必要があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る