• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国内定着のプロ野球キャンプ “海外ブーム”再到来あるのか

 吉と出るか、凶と出るか。

 29年ぶりに海外で春季キャンプを行う日本ハム。米国アリゾナ州ピオリア市にある施設、「パドレス・ピオリアスポーツコンプレックス」で2月1日から15日までトレーニングを積み、17日から沖縄・名護市に移る。

 かつては海外に赴く球団も少なくなかった。ヤクルトのユマや千葉ロッテのピオリア、巨人のグアムなどが有名だが、いずれも国内に拠点を戻した。日ハムも87年のフロリダ州サラソタが最後だ。

 久々となるプロ野球の海外キャンプ。ロッテ時代はアリゾナ、西武時代はフロリダでキャンプの経験のある山崎裕之氏(評論家)は「心配なのは体調管理です」と、こう話す。

「2月のアリゾナは朝は寒いが、日中は同時季の沖縄に比べても暖かい。野球をやるのにもってこいの環境といえます。しかし、だからこそ怖い。暖かいと、少し動いただけで筋肉がほぐれる。実際はそうではないのに、体が『これだけ動いても大丈夫』と錯覚してしまう。その感覚のまま、日本に戻ってきて寒い日に同じような練習をすれば、思わぬケガをする。2月下旬の沖縄でも寒い日はある。米国にいる時から体が錯覚しないよう、トレーナーとも相談しながら体調に気を配る必要があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る