日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初日2アンダーもフラフラ 松山に立ちはだかるトップ10の壁

 体調不良から大会前日のプロアマ戦を9ホールで切り上げた松山英樹(23)。2週前に米ツアー2勝目を挙げ、その勢いのまま今季メジャー初戦のマスターズ(4月7日開幕)に向けて調子を上げたいところだが、それはメジャーを中心に日程を組むビッグネームの調整法も同じ。それだけに今大会成績はメジャータイトルの行方を占う意味でも重要なのだ。

 松山の予選2日間はメジャータイトルホルダーで世界ランク3位のR・マキロイ(26)、同6位B・ワトソン(37)との豪華な組み合わせになった。

 イン発進の初日は14番で1・5メートルを沈めてバーディー先行。続く15番でパーオンを逃してボギーをたたくも、16番パー3で5メートルを決めてすぐに取り戻した。前半はタフな18番パー4で残り187ヤードをピン右4メートルにつけ、バーディーを奪って前半はマキロイ、ワトソンと並んで2アンダーでターン。アウトに入っても1番で連続バーディーとして3アンダーまでスコアを伸ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事