• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初日2アンダーもフラフラ 松山に立ちはだかるトップ10の壁

 体調不良から大会前日のプロアマ戦を9ホールで切り上げた松山英樹(23)。2週前に米ツアー2勝目を挙げ、その勢いのまま今季メジャー初戦のマスターズ(4月7日開幕)に向けて調子を上げたいところだが、それはメジャーを中心に日程を組むビッグネームの調整法も同じ。それだけに今大会成績はメジャータイトルの行方を占う意味でも重要なのだ。

 松山の予選2日間はメジャータイトルホルダーで世界ランク3位のR・マキロイ(26)、同6位B・ワトソン(37)との豪華な組み合わせになった。

 イン発進の初日は14番で1・5メートルを沈めてバーディー先行。続く15番でパーオンを逃してボギーをたたくも、16番パー3で5メートルを決めてすぐに取り戻した。前半はタフな18番パー4で残り187ヤードをピン右4メートルにつけ、バーディーを奪って前半はマキロイ、ワトソンと並んで2アンダーでターン。アウトに入っても1番で連続バーディーとして3アンダーまでスコアを伸ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る