初日2アンダーもフラフラ 松山に立ちはだかるトップ10の壁

公開日: 更新日:

 体調不良から大会前日のプロアマ戦を9ホールで切り上げた松山英樹(23)。2週前に米ツアー2勝目を挙げ、その勢いのまま今季メジャー初戦のマスターズ(4月7日開幕)に向けて調子を上げたいところだが、それはメジャーを中心に日程を組むビッグネームの調整法も同じ。それだけに今大会成績はメジャータイトルの行方を占う意味でも重要なのだ。

 松山の予選2日間はメジャータイトルホルダーで世界ランク3位のR・マキロイ(26)、同6位B・ワトソン(37)との豪華な組み合わせになった。

 イン発進の初日は14番で1・5メートルを沈めてバーディー先行。続く15番でパーオンを逃してボギーをたたくも、16番パー3で5メートルを決めてすぐに取り戻した。前半はタフな18番パー4で残り187ヤードをピン右4メートルにつけ、バーディーを奪って前半はマキロイ、ワトソンと並んで2アンダーでターン。アウトに入っても1番で連続バーディーとして3アンダーまでスコアを伸ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る