• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ペブルビーチVならずも…岩田寛は今季ベストで“大収穫”

【AT&T ペブルビーチ・プロアマ】

 前週の松山英樹(23)に続いて2週連続日本人プロVの快挙か、と注目された2打差2位発進の岩田寛(35)。

 最終日は11番パー4で3つ目のバーディーを奪い一時首位タイに並んだが、終盤にスコアを落として通算14アンダー4位フィニッシュだった。

 この日はメジャー5勝を含む米ツアー通算42勝、今大会過去4勝で単独トップに立つフィル・ミケルソン(45)と最終組でラウンド。互角の戦いを見せてギャラリーを沸かせた。ミケルソンとは昨年のメジャー、全米プロゴルフ選手権最終日にも同じペアリングになっており、今回が2度目。相手のリズムは十分に承知しており、ビッグネームとの直接対決にも気後れしない。

 前半は4番パー4で2打目が右ガードバンカーにつかまるも、脱出はピンそば2メートルにつけた。ところが下りのスライスラインはカップ右縁に触れながら右にそれてボギーが先行。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る