• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復調の10番本田にまた試練か…中国がACミラン“爆買い”情報

 日本代表MF本田圭佑が「最も優れた中盤。正しい道を歩いている」と地元メディアから絶賛された。

 日本時間23日午前5時開始のナポリ戦に本田は先発フル出場。攻守に精力的に動き回り、1点ビハインドの前半44分、右サイドから絶妙クロスを放り込み、同点弾を演出して勝ち点1ゲットの立役者となったからだ。

 今季リーグ前半戦はミハイロビッチ監督の構想外。オフの放出要員に名指しされていたのが、まるでウソのような状況となったが、ピッチ外のゴタゴタに巻き込まれ、それでも本田の地位は安泰とは言えないと、サッカージャーナリストがこう言う。

「昨年来、タイの富豪がミランの親会社の株式を買い取る予定になっていますが、ここにきて中国の投資家グループの名前が急浮上。ミランが中国系企業に“爆買い”された場合、助っ人外国人選手は日本人選手ではなく、自国の中国人選手を引き入れる可能性が非常に高くります」

 どんなに試合で活躍しても、夏にはミランとお別れする可能性があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る