日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名古屋欠場でも消えず マラソン福士「リオ切符」への懸念

「陸連はこっそり『内定』を出したんじゃないの?」

 そう思っているライバルもいるだろうが、あながち「外れ」とはいえない。

 女子マラソンの福士加代子(33)が、リオ五輪最後の選考会となる名古屋ウィメンズ(13日)に出場しないことになった。

 福士は1月の大阪国際で日本陸連設定記録(2時間22分30秒)をクリア、2時間22分17秒で優勝した。しかし、陸連は国内競技会の全レースが終わらなければ代表内定は出せない。福士は代表入りを確実なものにするため、大阪から1カ月半後の名古屋にエントリー。強行出場するはずだった。

 それを聞いた陸連の麻場一徳強化委員長は、「福士の走りは、強化委員が求めていた条件、記録、レース展開を満たす申し分ない、素晴らしいもの。(名古屋に)出場することは避けてもらいたい。メダルを狙うための盤石のプロセスを取ってほしい」と、異例の要望を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事