名古屋欠場でも消えず マラソン福士「リオ切符」への懸念

公開日:  更新日:

「陸連はこっそり『内定』を出したんじゃないの?」

 そう思っているライバルもいるだろうが、あながち「外れ」とはいえない。

 女子マラソンの福士加代子(33)が、リオ五輪最後の選考会となる名古屋ウィメンズ(13日)に出場しないことになった。

 福士は1月の大阪国際で日本陸連設定記録(2時間22分30秒)をクリア、2時間22分17秒で優勝した。しかし、陸連は国内競技会の全レースが終わらなければ代表内定は出せない。福士は代表入りを確実なものにするため、大阪から1カ月半後の名古屋にエントリー。強行出場するはずだった。

 それを聞いた陸連の麻場一徳強化委員長は、「福士の走りは、強化委員が求めていた条件、記録、レース展開を満たす申し分ない、素晴らしいもの。(名古屋に)出場することは避けてもらいたい。メダルを狙うための盤石のプロセスを取ってほしい」と、異例の要望を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る