「本田は自信深めている」 伊紙ミラン担当女性記者が断言

公開日: 更新日:

 称賛と批判が試合ごとに、まるで壊れたエレベーターのように上がったり下がったり、目まぐるしく乱高下――。それがイタリア・セリエAの現実である。名門ミランでプレーする日本代表MFの本田圭佑(29)も例外ではない。入団して以来「ミラン史上最悪の背番号10」と言われ続け、出番の少なかった昨年後半は「年明け1月の移籍期間中に放出してしまえ」とメディアからも酷評された。

 ところがフル出場した1月9日のローマ戦、同17日のフィオレンティーナ戦と上位クラブ相手にアシストなどで奮闘し、今では「ホンダは必要不可欠な選手」とミハイロビッチ監督も手放しで評価する。本田の“本当の立ち位置”はどこか? 現地大手紙「コリエーレ・デッラ・セラ」のミラン担当女性記者アリアンナ・レベッリさんを直撃した。

  ◇  ◇  ◇

「ホンダは、サンシーロ(ミランの本拠スタジアム)のティフォージ(熱狂的サポーター)から酷い批判やブーイングを受けていたが、耳に栓をしてプレーに集中していました。また、ホンダをリスペクトしていたミハイロビッチ監督は、ずっと彼のことを守り続けてきた。そしてミランに関わる者全員がハッピーだと感じたのが(2月14日の)ジェノア戦でのホンダのゴールです。ミランにとっても、ホンダにとっても、非常に重要な日となりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る