「本田は自信深めている」 伊紙ミラン担当女性記者が断言

公開日:  更新日:

 称賛と批判が試合ごとに、まるで壊れたエレベーターのように上がったり下がったり、目まぐるしく乱高下――。それがイタリア・セリエAの現実である。名門ミランでプレーする日本代表MFの本田圭佑(29)も例外ではない。入団して以来「ミラン史上最悪の背番号10」と言われ続け、出番の少なかった昨年後半は「年明け1月の移籍期間中に放出してしまえ」とメディアからも酷評された。

 ところがフル出場した1月9日のローマ戦、同17日のフィオレンティーナ戦と上位クラブ相手にアシストなどで奮闘し、今では「ホンダは必要不可欠な選手」とミハイロビッチ監督も手放しで評価する。本田の“本当の立ち位置”はどこか? 現地大手紙「コリエーレ・デッラ・セラ」のミラン担当女性記者アリアンナ・レベッリさんを直撃した。

  ◇  ◇  ◇

「ホンダは、サンシーロ(ミランの本拠スタジアム)のティフォージ(熱狂的サポーター)から酷い批判やブーイングを受けていたが、耳に栓をしてプレーに集中していました。また、ホンダをリスペクトしていたミハイロビッチ監督は、ずっと彼のことを守り続けてきた。そしてミランに関わる者全員がハッピーだと感じたのが(2月14日の)ジェノア戦でのホンダのゴールです。ミランにとっても、ホンダにとっても、非常に重要な日となりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る