日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なでしこ敗退で火がついた? 手倉森監督“ヤル気満々”の理由

 日本サッカー協会(JFA)は14日、リオ五輪出場を決めているU―23日本代表のポルトガル遠征(21~30日)メンバー22人を発表した。U―23代表は25日にメキシコU―23代表と、28日には地元の名門スポルティングとテストマッチを行う。

 1月のリオ五輪予選のメンバーからFW鈴木武蔵、DF室屋成、DF松原健がケガで外れ、初代表招集組の中で注目なのは、オランダ2部ドルトレヒトでプレーするDFファン・ウェルメスケルケン・際(21)である。

 オランダ人の父と日本人の母とのハーフ。オランダ生まれで2歳の時に来日し、J1甲府の下部組織でプレー。18歳でオランダに渡った。U―23は、もともとサイドバックが人材不足の上に室屋と松原が戦線離脱。

「中でも右膝半月板損傷で手術を受けた松原は、今夏のリオ五輪本大会は絶望といわれ、左右のサイドバックを過不足なくこなせる際が、ポルトガル遠征で活躍すれば五輪本大会メンバーの有力候補となる」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事