積極策で開幕勝ち越し 阪神“超攻撃野球”で親会社ハラハラ

公開日: 更新日:

 開幕カードの印象を聞かれた金本監督は、「今日勝つのと、負けるのとでは大きな違いがある。選手たちは何が何でも勝つんだという姿勢、意気込みが感じられた。開幕戦は(チームを)変えていく、変わっていく原点の試合だった。(選手たちは)このスタイルでイケイケで失敗を恐れずやって欲しい」と語った。

 阪神の親会社だった阪神電鉄は、06年に阪急と経営統合したが、かつては関西圏の“ちっぽけ”な電鉄会社だった。鉄道会社は人命を運ぶのが仕事だから「安全」を第一に考えるのは当たり前にしても、阪神電鉄の人間は、「今でも保守的で頭が固く、変革を好まない」と言われている。

「それは球団にも言えることだよ」と、あるOBがこう続ける。

「久万元オーナーが、ライバル球団を辞めたばかりの野村、星野を監督に据えて、ずいぶん球団のイメージは変わった。それが岡田、真弓、和田という85年の優勝メンバーが3人続き、奇策や大胆、積極性などとは無縁のつまらないチームになった。金本は阪神で10年間プレーしたが、そもそもは広島生まれでカープ育ち。広島は、新しもの好きで何事にも積極的な人間が多い。だから金本は典型的な広島人。しかもドラフト4位からのたたき上げだ。彼が監督になったとたん、おとなしい阪神の象徴だった鳥谷やサボリの西岡があれだけ変わるんだから楽しみだよ」

 消極的なプレーこそが、進歩や改革を阻むという新監督。ハラハラ、ドキドキの野球は阪神ファンも大歓迎に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

  2. 2
    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

  3. 3
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  4. 4
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  5. 5
    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

もっと見る

  1. 6
    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

  2. 7
    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

  3. 8
    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

  4. 9
    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

  5. 10
    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち

    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち