• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先制打が決勝点 “ハマの牛若丸”柴田がバットでも魅せた

 その一打にベンチが驚いた。「7番・二塁」でスタメン起用されたドラフト3位の柴田(国学院大)は二回、1死二、三塁の好機に広島先発ジョンソンの初球を中前にはじき返し、公式戦初打席で2点先制適時打を放ち、これが決勝点となった。「何があったか覚えていない。失うものはないと思い、思い切ってバットを振りました」と興奮気味に語った柴田。実はラミレス監督が評価していたのは守備の方だった。

 167センチ、70キロ。右投げ左打ちの小柄な内野手は、岡山理大付から国学院大へ進みベストナインに2度選ばれ、昨秋は遊撃でU―21W杯日本代表にもなった。

 ただし、リーグ戦通算66試合で打率.258、2本塁打、17打点の数字が示すように打撃は大したことないが、グラブをはめたら12球団のスカウトはみな、身を乗り出した。ゴールデングラブ賞もののフットワークとグラブさばき、素早い送球は「守備だけなら即一軍」と言われ、DeNAの吉田孝司編成スカウト部長に至っては、「捕ってからの速さは吉田義男さん(元阪神)みたい」と、1960年前後に華麗な遊撃の守備で「牛若丸」と呼ばれた名手の名前も挙げたほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る