先制打が決勝点 “ハマの牛若丸”柴田がバットでも魅せた

公開日: 更新日:

 その一打にベンチが驚いた。「7番・二塁」でスタメン起用されたドラフト3位の柴田(国学院大)は二回、1死二、三塁の好機に広島先発ジョンソンの初球を中前にはじき返し、公式戦初打席で2点先制適時打を放ち、これが決勝点となった。「何があったか覚えていない。失うものはないと思い、思い切ってバットを振りました」と興奮気味に語った柴田。実はラミレス監督が評価していたのは守備の方だった。

 167センチ、70キロ。右投げ左打ちの小柄な内野手は、岡山理大付から国学院大へ進みベストナインに2度選ばれ、昨秋は遊撃でU―21W杯日本代表にもなった。

 ただし、リーグ戦通算66試合で打率.258、2本塁打、17打点の数字が示すように打撃は大したことないが、グラブをはめたら12球団のスカウトはみな、身を乗り出した。ゴールデングラブ賞もののフットワークとグラブさばき、素早い送球は「守備だけなら即一軍」と言われ、DeNAの吉田孝司編成スカウト部長に至っては、「捕ってからの速さは吉田義男さん(元阪神)みたい」と、1960年前後に華麗な遊撃の守備で「牛若丸」と呼ばれた名手の名前も挙げたほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る