李大浩がメジャー契約 SB提示の「3年16億円」超えに前進

公開日:  更新日:

 ソフトバンクを出て「正解」だったか。

 マリナーズはマイナー契約を結んでいた李大浩(33)をメジャー出場の前提となる40人枠(ロースター)に入れ、メジャー契約に変更したと発表した。李は、このままメジャーにいれば100万ドル(約1億1300万円)の年俸が保証され、活躍次第では300万ドル(約3億3900万円)の出来高も手に入る。

 さらに、今季そこそこの数字を残せば、来季の年俸はグンと跳ね上がる。ソフトバンクにいれば3年総額16億円以上ともいわれる大金が保証されたが、それを蹴ってメジャーの舞台を夢見て渡米した。メジャーで成功すれば、ソフトバンクを上回る額の年俸はすぐに獲得できる。

 李と一塁のポジションを争うモンテロは不振だし、ロメロは腰の状態がよくないこともあって、サーバイス監督は李に対する評価を上げている。ディポトGMも「オープン戦では左投手に強い打撃だけでなく、守備や走塁でも予想以上のものを見せてくれた」と言うから、開幕ロースター(25人枠)入りの可能性も出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る