李大浩がメジャー契約 SB提示の「3年16億円」超えに前進

公開日: 更新日:

 ソフトバンクを出て「正解」だったか。

 マリナーズはマイナー契約を結んでいた李大浩(33)をメジャー出場の前提となる40人枠(ロースター)に入れ、メジャー契約に変更したと発表した。李は、このままメジャーにいれば100万ドル(約1億1300万円)の年俸が保証され、活躍次第では300万ドル(約3億3900万円)の出来高も手に入る。

 さらに、今季そこそこの数字を残せば、来季の年俸はグンと跳ね上がる。ソフトバンクにいれば3年総額16億円以上ともいわれる大金が保証されたが、それを蹴ってメジャーの舞台を夢見て渡米した。メジャーで成功すれば、ソフトバンクを上回る額の年俸はすぐに獲得できる。

 李と一塁のポジションを争うモンテロは不振だし、ロメロは腰の状態がよくないこともあって、サーバイス監督は李に対する評価を上げている。ディポトGMも「オープン戦では左投手に強い打撃だけでなく、守備や走塁でも予想以上のものを見せてくれた」と言うから、開幕ロースター(25人枠)入りの可能性も出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る