• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

延長十回一挙7得点 ソフトBが楽天だから見せた“横綱野球”

 淡い期待は一瞬で吹き飛んだ。

 楽天は開幕戦に勝って、第2戦は八回に2点差を追いつき延長引き分け。この日も両軍無得点のまま延長戦に突入したから、ナインや仙台のファンは開幕カードの勝ち越しがチラついたはずだ。

 しかし、パの横綱が昨年の最下位球団を相手に、白星なしのまま福岡へ戻るはずがない。延長十回表、それまでの湿っていた打線が嘘のように、四球を挟み5者連続適時打の猛攻で一挙7得点。わずか数分間で楽天ベンチとスタンドを黙らせた。

 工藤監督は「呪縛というか、点を取りたい気持ちで硬くなっていたのが取れた」と言ったが、これは王者の謙遜だろう。格段に戦力の劣る楽天相手に、開幕カードで3タテくらわせては、ファンもがっかりする。強い横綱というのは、格下には土俵際まで攻めさせて勝負を盛り上げ、最後に豪快に投げて勝つ。2年で50発、166打点の李大浩(現マリナーズ)が抜けても、パの1強は変わらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る