延長十回一挙7得点 ソフトBが楽天だから見せた“横綱野球”

公開日: 更新日:

 淡い期待は一瞬で吹き飛んだ。

 楽天は開幕戦に勝って、第2戦は八回に2点差を追いつき延長引き分け。この日も両軍無得点のまま延長戦に突入したから、ナインや仙台のファンは開幕カードの勝ち越しがチラついたはずだ。

 しかし、パの横綱が昨年の最下位球団を相手に、白星なしのまま福岡へ戻るはずがない。延長十回表、それまでの湿っていた打線が嘘のように、四球を挟み5者連続適時打の猛攻で一挙7得点。わずか数分間で楽天ベンチとスタンドを黙らせた。

 工藤監督は「呪縛というか、点を取りたい気持ちで硬くなっていたのが取れた」と言ったが、これは王者の謙遜だろう。格段に戦力の劣る楽天相手に、開幕カードで3タテくらわせては、ファンもがっかりする。強い横綱というのは、格下には土俵際まで攻めさせて勝負を盛り上げ、最後に豪快に投げて勝つ。2年で50発、166打点の李大浩(現マリナーズ)が抜けても、パの1強は変わらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る