延長十回一挙7得点 ソフトBが楽天だから見せた“横綱野球”

公開日:  更新日:

 淡い期待は一瞬で吹き飛んだ。

 楽天は開幕戦に勝って、第2戦は八回に2点差を追いつき延長引き分け。この日も両軍無得点のまま延長戦に突入したから、ナインや仙台のファンは開幕カードの勝ち越しがチラついたはずだ。

 しかし、パの横綱が昨年の最下位球団を相手に、白星なしのまま福岡へ戻るはずがない。延長十回表、それまでの湿っていた打線が嘘のように、四球を挟み5者連続適時打の猛攻で一挙7得点。わずか数分間で楽天ベンチとスタンドを黙らせた。

 工藤監督は「呪縛というか、点を取りたい気持ちで硬くなっていたのが取れた」と言ったが、これは王者の謙遜だろう。格段に戦力の劣る楽天相手に、開幕カードで3タテくらわせては、ファンもがっかりする。強い横綱というのは、格下には土俵際まで攻めさせて勝負を盛り上げ、最後に豪快に投げて勝つ。2年で50発、166打点の李大浩(現マリナーズ)が抜けても、パの1強は変わらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る