五輪“念頭”発言も飛び出し 真央復帰初戦Vの経済効果いくら

公開日:  更新日:

 スケート関係者が狂喜乱舞している。

 フィギュアスケート女子の浅田真央(25)が1年間の休養を経て2季ぶりに出場したGPシリーズの中国杯でいきなり優勝。ヒロイン不在に頭を抱えていた連盟はこれだけでも小躍りだが、華々しい復活から一夜明けた8日、本人がこう言ったものだから、もう大変である。

「自分が望んで復帰したので本当によかった。頭の隅に五輪はあります」

 フィギュア関係者は今季の結果や内容によっては、再び「引退」を口にするのではないか、と気を揉んでいた。それが、3年後の18年平昌冬季五輪出場にまで改めて意欲を見せた。スポーツ紙も「真央、金メダルを目指す!」と自分のことのように喜んでいるのだ。

「新聞やテレビへの影響を含め、今回の浅田選手の復活優勝は相当な経済効果を生むはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る