新技術委員長は“不要論者” リオ五輪サッカーOA枠どうなる

公開日: 更新日:

 リオ五輪の対戦相手が決まった手倉森誠・五輪代表監督には頭痛のタネがある。6月10日までに結論を出さないといけない「オーバーエージ(OA)枠」を使うかどうか――である。

「23歳以下」選手で構成される五輪代表には、96年の米国・アトランタ大会以降、本大会で「年齢制限なしのOA枠選手が最大3人」認められるようになった。もちろんOA枠を使わない選択肢もあるが、リオ五輪出場を決めた直後、日本サッカー協会・技術委員会の霜田正浩委員長(当時)が「(OA枠を使わずに)若手に経験を積ませるという意見もあるが、まずは勝負にこだわりたいと思う。OA枠を使う」と断言。手倉森監督にしても「霜田さんとの関係性は良好だし、OA枠を使ってリオ五輪で結果を残したい気持ちも人一倍ある。OA枠を誰にするのか、既に霜田さんと話し合いをスタートさせていた」(サッカージャーナリスト)。

 だが、3月27日に日本サッカー協会の新会長に就任した田嶋幸三副会長が、新技術委員長にアトランタ五輪代表監督だった西野朗氏を任命したことで風向きが変わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る