新技術委員長は“不要論者” リオ五輪サッカーOA枠どうなる

公開日:  更新日:

 リオ五輪の対戦相手が決まった手倉森誠・五輪代表監督には頭痛のタネがある。6月10日までに結論を出さないといけない「オーバーエージ(OA)枠」を使うかどうか――である。

「23歳以下」選手で構成される五輪代表には、96年の米国・アトランタ大会以降、本大会で「年齢制限なしのOA枠選手が最大3人」認められるようになった。もちろんOA枠を使わない選択肢もあるが、リオ五輪出場を決めた直後、日本サッカー協会・技術委員会の霜田正浩委員長(当時)が「(OA枠を使わずに)若手に経験を積ませるという意見もあるが、まずは勝負にこだわりたいと思う。OA枠を使う」と断言。手倉森監督にしても「霜田さんとの関係性は良好だし、OA枠を使ってリオ五輪で結果を残したい気持ちも人一倍ある。OA枠を誰にするのか、既に霜田さんと話し合いをスタートさせていた」(サッカージャーナリスト)。

 だが、3月27日に日本サッカー協会の新会長に就任した田嶋幸三副会長が、新技術委員長にアトランタ五輪代表監督だった西野朗氏を任命したことで風向きが変わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る