日本ロシアW杯行きは? B組の対戦相手を六川亨氏が分析

公開日: 更新日:

「正直な第一印象は『日本は楽なグループに入った』です。オージービーフ、トムヤムクンをおいしく食べられそうです」

 こう話すのは、週刊サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏である。

 12日、18年ロシアW杯アジア最終予選の組み合わせ抽選会が行われ、FIFA世界ランキングが57位の日本はオーストラリア(50位)、サウジアラビア(60位)、UAE(68位)、イラク(105位)、タイ(119位)と同じグループBに入った。そこで六川氏が、冒頭のコメントの意味合いを「組み合わせ抽選会の前から、サッカー関係者と『第1シードは強豪イランを避けたい。第6シードからはタイと対戦したい』と話していたものです」とこう続ける。

「オーストラリアとの対戦成績は8勝8分け7敗とほぼ互角ですが、W杯予選に限って言えば、日本は0勝4分け2敗と分が悪い。しかし、日本戦でゴールを連発してきた天敵MFケーヒルも、現在36歳とムリの利かない年齢となり、最終予選で日本相手に大車輪の活躍を見せるとは予想できない。チームを見渡しても飛び道具を備えた長身ストライカー、変幻自在のドリブラーといったクセ者系選手は見当たらず、日本は落ち着いた試合運びをやれば、ホームでもアウェーでも勝ち点を積み重ねることができるでしょう。10月11日のアウェー・オーストラリア戦の勝ち試合を取材後、おいしいオージービーフに舌鼓を打って“凱旋”帰国したいものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る