日本ロシアW杯行きは? B組の対戦相手を六川亨氏が分析

公開日: 更新日:

「正直な第一印象は『日本は楽なグループに入った』です。オージービーフ、トムヤムクンをおいしく食べられそうです」

 こう話すのは、週刊サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏である。

 12日、18年ロシアW杯アジア最終予選の組み合わせ抽選会が行われ、FIFA世界ランキングが57位の日本はオーストラリア(50位)、サウジアラビア(60位)、UAE(68位)、イラク(105位)、タイ(119位)と同じグループBに入った。そこで六川氏が、冒頭のコメントの意味合いを「組み合わせ抽選会の前から、サッカー関係者と『第1シードは強豪イランを避けたい。第6シードからはタイと対戦したい』と話していたものです」とこう続ける。

「オーストラリアとの対戦成績は8勝8分け7敗とほぼ互角ですが、W杯予選に限って言えば、日本は0勝4分け2敗と分が悪い。しかし、日本戦でゴールを連発してきた天敵MFケーヒルも、現在36歳とムリの利かない年齢となり、最終予選で日本相手に大車輪の活躍を見せるとは予想できない。チームを見渡しても飛び道具を備えた長身ストライカー、変幻自在のドリブラーといったクセ者系選手は見当たらず、日本は落ち着いた試合運びをやれば、ホームでもアウェーでも勝ち点を積み重ねることができるでしょう。10月11日のアウェー・オーストラリア戦の勝ち試合を取材後、おいしいオージービーフに舌鼓を打って“凱旋”帰国したいものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る