• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「厳しい組」リオ男子サッカーGLの相手を中山淳氏が分析

 リオ五輪男子サッカーの組み合わせ抽選会が14日、決勝会場・マラカナン競技場で行われ、1次リーグB組に入った日本代表はアフリカ予選1位のナイジェリア(8月5日)、南米2位のコロンビア(8日)、そして欧州1位のスウェーデン(11日)と対戦する。

 直近5大会の成績で日本は開催国ブラジル、南米1位アルゼンチン、前回ロンドン大会の覇者メキシコと第1ポットに入り、優勝を狙う強豪国との対戦は回避できた。しかし、サッカージャーナリストの中山淳氏が「クジ運には恵まれませんでした。日本はリオで厳しい戦いを強いられるでしょう」とこう続ける。

「第2ポットからは同大陸の韓国とイラクとは対戦することなく、ナイジェリア、北中米カリブ海2位のホンジュラスのいずれかとB組で同居することが決まっていた。フィジカル能力に優れ、スピード、高さのある選手がそろっているナイジェリアは避けたい相手でした。個々の選手のポテンシャルで劣るホンジュラスを引き当てられなかったのは痛い。実はナイジェリアは、ロシアW杯のアフリカ予選敗退が確定しており、A代表を主戦場としていた23歳以下の選手が、五輪代表に流れてくることでチーム力はスケールアップする。日本は初っぱなから苦戦が予想されます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る