「厳しい組」リオ男子サッカーGLの相手を中山淳氏が分析

公開日:  更新日:

 リオ五輪男子サッカーの組み合わせ抽選会が14日、決勝会場・マラカナン競技場で行われ、1次リーグB組に入った日本代表はアフリカ予選1位のナイジェリア(8月5日)、南米2位のコロンビア(8日)、そして欧州1位のスウェーデン(11日)と対戦する。

 直近5大会の成績で日本は開催国ブラジル、南米1位アルゼンチン、前回ロンドン大会の覇者メキシコと第1ポットに入り、優勝を狙う強豪国との対戦は回避できた。しかし、サッカージャーナリストの中山淳氏が「クジ運には恵まれませんでした。日本はリオで厳しい戦いを強いられるでしょう」とこう続ける。

「第2ポットからは同大陸の韓国とイラクとは対戦することなく、ナイジェリア、北中米カリブ海2位のホンジュラスのいずれかとB組で同居することが決まっていた。フィジカル能力に優れ、スピード、高さのある選手がそろっているナイジェリアは避けたい相手でした。個々の選手のポテンシャルで劣るホンジュラスを引き当てられなかったのは痛い。実はナイジェリアは、ロシアW杯のアフリカ予選敗退が確定しており、A代表を主戦場としていた23歳以下の選手が、五輪代表に流れてくることでチーム力はスケールアップする。日本は初っぱなから苦戦が予想されます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る