最終18番で痛恨ダボ アンを追い詰めた川奈“魔のグリーン”

公開日: 更新日:

【フジサンケイレディス】

「本当に信じられない。100%プレーオフだろうな、と思っていたから……」

 プレーオフに備えてパット練習をしていた大山志保(38)が、突然転がり込んできた勝利に一番びっくりした。

 最終組の1組前でプレーした大山はこの日、4バーディー、ノーボギーの68で回り通算11アンダーで先にホールアウト。

 単独首位に立っていたのは16番、17番の連続バーディーで通算12アンダーまでスコアを伸ばした最終組のアン・ソンジュ(28)だった。

 前日には大会記録タイの64をマークしており、18番は初日ボギー、2日目バーディーと大きく崩れていない。ところが、フェアウエーからの2打目がグリーン手前の名物アリソンバンカーにつかまると、脱出はピン上5メートルと寄らない。パーパットを1・5メートルオーバーすると、返しも外れてまさかの3パットでダブルボギー。目前で勝利がするりとこぼれ落ちた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る