最終18番で痛恨ダボ アンを追い詰めた川奈“魔のグリーン”

公開日:  更新日:

【フジサンケイレディス】

「本当に信じられない。100%プレーオフだろうな、と思っていたから……」

 プレーオフに備えてパット練習をしていた大山志保(38)が、突然転がり込んできた勝利に一番びっくりした。

 最終組の1組前でプレーした大山はこの日、4バーディー、ノーボギーの68で回り通算11アンダーで先にホールアウト。

 単独首位に立っていたのは16番、17番の連続バーディーで通算12アンダーまでスコアを伸ばした最終組のアン・ソンジュ(28)だった。

 前日には大会記録タイの64をマークしており、18番は初日ボギー、2日目バーディーと大きく崩れていない。ところが、フェアウエーからの2打目がグリーン手前の名物アリソンバンカーにつかまると、脱出はピン上5メートルと寄らない。パーパットを1・5メートルオーバーすると、返しも外れてまさかの3パットでダブルボギー。目前で勝利がするりとこぼれ落ちた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る