戦術ピタリ リオ五輪サッカーOAに岡崎1人召集という選択

公開日: 更新日:

 男子五輪代表の手倉森誠監督(48)は、リオ五輪で年齢制限なしのオーバーエージ(OA)3人枠を使うことにしているが、そのことでアレコレ頭を悩ませている。

 前回12年ロンドン五輪ではDF吉田麻也(英サウサンプトン)、DF徳永悠平(FC東京)の2人が招集され、4位の立役者となった。96年アトランタ大会の西野朗監督と08年北京五輪の反町康治監督はOA枠を使わなかった。

「監督それぞれではあるが、手倉森監督は五輪最終予選を突破する前から『目標をロンドン五輪以上に設定する。当然メダル獲得のためにOA枠を活用する』と決めていた」(サッカージャーナリスト)

 そんな中、サッカー関係者の間で「これが最良の選択」と言われている方策がある。英プレミアリーグで首位を走るレスターのFW岡崎慎司(30)を“1人だけ”OA枠で招集するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

もっと見る