笠原逮捕は口封じか 野球賭博で新たな選手浮上の可能性も

公開日:  更新日:

 プロ野球巨人を舞台にした賭博問題は、いよいよ刑事事件に発展した。警視庁は29日、賭博開帳図利幇助容疑で元投手の笠原将生容疑者(25)を、賭博開帳図利容疑で自称無職、斉藤聡容疑者(38)をそれぞれ逮捕した。

 笠原容疑者は2014年5月~15年3月、斉藤容疑者が開帳したプロ野球10試合を対象とした賭博で、客の元巨人選手に対し、ルール説明や申し込みの仲介、賭け金の集金などをした疑い。

 警視庁の調べに対し、笠原容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 不思議なのは、なぜ、このタイミングの逮捕劇となったかだ。

 巨人をめぐる一連の賭博問題が発覚したのは昨年9月だ。税理士法人勤務を名乗る男が、野球賭博の賭け金百数十万円を取り立てに、神奈川県川崎市のジャイアンツ球場に福田聡志元投手(無期失格処分)を訪れたことから表面化。逮捕された笠原容疑者のほか、松本竜也、高木京介の両元投手など次々と賭博常習者が判明。ともに無期や1年間の失格処分となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る