男子ハンマー投げ 室伏は“論功行賞”で5度目の五輪有力視

公開日:  更新日:

 陸上界の「鉄人」が2年ぶりにフィールドでの姿を披露した。

 男子ハンマー投げアテネ五輪金メダルの室伏広治(41)が17日、東京・北区のナショナルトレーニングセンターで2年ぶりに出場する日本選手権(24日開幕、愛知県)に向けた練習を公開。投てき練習や補強運動などで約2時間半、汗を流した。

「感触は良かった。技術的に今日の投げ方はいいと思う」(室伏)と、28投のうちコースを外したのは2本だけだった。

 リオ五輪選考会を兼ねた同大会で国際陸上競技連盟(IAAF)が定めた参加標準記録77メートル00をクリアすれば、5度目の五輪出場が決まる。

 ロンドン五輪後は東京五輪招致活動に尽力したり、東京医科歯科大の教授として教壇に立つなど、競技から離れてスーツを着用する機会が多かった。室伏は「極力、体を動かしたり、筋力の維持に努めてきた」と話すが、年齢的な衰えと2年間のブランクから全盛期の面影はもはやない。陸上関係者によれば「派遣設定記録79メートル11どころか参加標準記録の突破さえ難しい状態」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る