売れっ子ナレーター増田明美さん 本職も絶賛する声の魅力

公開日:  更新日:

 テレビ東京系の「世界!ニッポン行きたい人応援団」(毎週木曜、夜7時53分~)を見ていて驚いた。日本の伝統芸能などを学ぶため、来日した外国人を優しく紹介するナレーションの声。

「ン、どっかで聞いたことあるゾ」と思っていたら、ロス五輪のマラソン代表だった増田明美(52)がナレーターを務めていた。マラソン実況での分かりやすい解説は周知の事実だが、マラソンやスポーツとはまったく関係のない分野でも声の仕事をしていたとは!

 いや、調べてみると増田のナレーションはこの番組ばかりじゃない。5月22日にNHK―BSで放送された「激戦!おもてなしのアスリート」でも語りを担当していたし、昨年末、BS日テレで放送された時代劇「佐武と市捕物控」でもナレーションを担当した。この起用はドラマに出演する遠藤憲一がプロデューサーにかけ合ったことから実現したともいわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る