• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全米女子OP前哨戦 「ウォルマートNW」の見どころは?

 今季米女子ツアーはこれまで17戦を消化して、タイのアリヤ・ジュタヌガーン(20)が3勝の最多勝をマークして賞金ランク2位。複数回の2勝は世界ランク、賞金ランクで首位に立つリディア・コ(19=ニュージーランド)、野村敏京(23)、韓国勢のキム・セヨン(23)、ジャン・ハナ(24)の4選手と若い世代の活躍が目立つ。

 その一方で米国勢が低迷している。賞金ランクトップ10に米国人プロは6位のリクシ―・トンプソン(21)一人だけだ。

 今週の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」の見どころは2週間後に迫った女子メジャー3戦目の全米女子オープン(7月7日開幕)に向けてトップ選手がどのように調整してくるか、だ。

 7月には全英女子オープン(28日開幕)が続き、8月に入るとトッププロはリオ五輪と例年と違うタフな日程になる。全米オープンタイトルは、男子大会で初優勝したD・ジョンソン同様にギャラリーから「USA、USA」の大声援が湧き起こり、米国選手にとって一番燃える大会だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る