関東学院も提携 スポーツメーカー“大学丸抱え”の皮算用

公開日: 更新日:

 この「関係」は今後も増えるのではないか。

 関東学院大学とスポーツブランドのアンダーアーマーを日本で展開する(株)ドームが19日、パートナーシップ契約の締結を発表した。今後は、サッカーや硬式野球、陸上など、大半の運動部のユニホームが、スクールカラーのオリーブグリーンのデザインで統一される。

 3月には、アシックスが早稲田大学と5年間の包括的な提携を結んだばかり。箱根駅伝を連覇した青山学院大も、13年からアディダスジャパンとスポーツ分野でパートナーシップ契約を結んでいる。ナイキやミズノなどとシューズ契約を結んでいる大学もある。

 箱根駅伝が顕著だが、ユニホームにプリントされたスポーツメーカーのロゴマークがテレビに映し出される宣伝効果は大きい。どのメーカーも、実際に製品を使う学生の声を開発に反映させたり、スポーツ医科学などの研究開発やスポーツを通じた社会貢献活動なども共同で行うという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る