関東学院も提携 スポーツメーカー“大学丸抱え”の皮算用

公開日: 更新日:

 この「関係」は今後も増えるのではないか。

 関東学院大学とスポーツブランドのアンダーアーマーを日本で展開する(株)ドームが19日、パートナーシップ契約の締結を発表した。今後は、サッカーや硬式野球、陸上など、大半の運動部のユニホームが、スクールカラーのオリーブグリーンのデザインで統一される。

 3月には、アシックスが早稲田大学と5年間の包括的な提携を結んだばかり。箱根駅伝を連覇した青山学院大も、13年からアディダスジャパンとスポーツ分野でパートナーシップ契約を結んでいる。ナイキやミズノなどとシューズ契約を結んでいる大学もある。

 箱根駅伝が顕著だが、ユニホームにプリントされたスポーツメーカーのロゴマークがテレビに映し出される宣伝効果は大きい。どのメーカーも、実際に製品を使う学生の声を開発に反映させたり、スポーツ医科学などの研究開発やスポーツを通じた社会貢献活動なども共同で行うという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る