湯水の如く税金投じ 五輪バブルに浮かれる日本スポーツ界

公開日:  更新日:

 これでは五輪バブルだ。

 国際経済に大打撃を与えた英国の欧州連合(EU)離脱決定に続き、イタリアやオランダ、フィンランドでも「離脱」の声が多く、「この先は何が起こるかまったく読めない」と頭を抱える市場関係者は少なくない。

 一方で景気のいい話に浮かれているのが、リオ五輪(8月5日開幕)の日本代表たちを取り巻くスポーツ界ではないか。

 30日、陸上男子100メートル日本代表山県亮太(24)の代表決定会見が所属のセイコー本社で行われた。セイコーは、山県が決勝に進出するか日本選手初の9秒台を出せば、特別ボーナスとして5000万円相当の腕時計をプレゼントするという。

「9秒台のボーナス」といえば、同種目代表のケンブリッジ飛鳥(23)も、日本人初の9秒台をマークすれば、所属会社の会長が「1億円出す」と公言。女子柔道78キロ超級の山部佳苗(25)や競泳女子100メートル平泳ぎ鈴木聡美(25)など、約20人の代表選手を抱えるミキハウスも、種目や成績によって1000万円単位の報奨金を用意している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る