湯水の如く税金投じ 五輪バブルに浮かれる日本スポーツ界

公開日: 更新日:

 これでは五輪バブルだ。

 国際経済に大打撃を与えた英国の欧州連合(EU)離脱決定に続き、イタリアやオランダ、フィンランドでも「離脱」の声が多く、「この先は何が起こるかまったく読めない」と頭を抱える市場関係者は少なくない。

 一方で景気のいい話に浮かれているのが、リオ五輪(8月5日開幕)の日本代表たちを取り巻くスポーツ界ではないか。

 30日、陸上男子100メートル日本代表山県亮太(24)の代表決定会見が所属のセイコー本社で行われた。セイコーは、山県が決勝に進出するか日本選手初の9秒台を出せば、特別ボーナスとして5000万円相当の腕時計をプレゼントするという。

「9秒台のボーナス」といえば、同種目代表のケンブリッジ飛鳥(23)も、日本人初の9秒台をマークすれば、所属会社の会長が「1億円出す」と公言。女子柔道78キロ超級の山部佳苗(25)や競泳女子100メートル平泳ぎ鈴木聡美(25)など、約20人の代表選手を抱えるミキハウスも、種目や成績によって1000万円単位の報奨金を用意している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る