陸上が“草刈り場”に 大学は五輪級選手確保が生き残りの道

公開日: 更新日:

 多くの大学が強化に力を注いでいるのは団体競技よりも個人種目だ。国内での競技人口が少ない種目であれば、団体競技でメンバーに入るよりも五輪出場の可能性はグンとアップする。

 中でも陸上、競泳は各大学の草刈り場になりそうだ。特に陸上は男子100メートルの桐生祥秀(20=東洋大)に日本人初の9秒台達成が期待されるなど、世界レベルではない選手にまで注目が集まっている。陸上のジュニアクラスには外国人を父親に持ち、身体能力が秀でたハーフ選手がゴロゴロいるからだ。

「最近ではスカウティングのため中学、高校の大会を視察する際にはハーフ選手ばかりを追っています。東京五輪に出場する選手の大半がハーフという大学も出てくるでしょう」とは前出の関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  9. 9

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る