• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本命ジョコ消え…錦織に「全英勝てるかも」の落とし穴

投稿日:  更新日:

 ウィンブルドン男子シングルス4回戦に駒を進めた錦織圭(26)。ここまでの状況は準優勝した14年の全米オープンのときと似ている。

 14年の全米は右足親指の手術明け。本人も周囲もまったく期待していなかったのに、あれよあれよと勝ち進んで決勝進出。大騒ぎになったら、格下のチリッチ(クロアチア)にストレート負けした。

 今回はもともと不得意な芝に加え、左脇腹痛を抱えたまま臨んだ。本人も「痛みとの戦いだ」とか「故障がある分、目の前の目標に集中できている」などと珍しく痛みを強調。勝てば儲けものみたいな戦いが続いているうちに、この日の3回戦では世界ランク1位のジョコビッチ(セルビア)が同41位のクエリー(米国)にまさかの敗戦。グランドスラムの連勝は30でストップし、実力が飛び抜けていた「本命」が消えた。

 4回戦の相手は同13位のチリッチ。順調なら次から同7位のラオニッチ(スイス)、同3位のフェデラー(スイス)、同2位のマリー(英国)という流れだが、問題は本人や陣営が「勝てるかもしれない」と変な色気をもったときではないか。

 2年前の全米で格下のチリッチに敗れた原因のひとつは本人や周囲の意識過剰。本人は普段通りのテニスができなかったし、周囲もさせられなかったともっぱらだからだ。変な欲が出なければよいのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る