本命ジョコ消え…錦織に「全英勝てるかも」の落とし穴

公開日:  更新日:

 ウィンブルドン男子シングルス4回戦に駒を進めた錦織圭(26)。ここまでの状況は準優勝した14年の全米オープンのときと似ている。

 14年の全米は右足親指の手術明け。本人も周囲もまったく期待していなかったのに、あれよあれよと勝ち進んで決勝進出。大騒ぎになったら、格下のチリッチ(クロアチア)にストレート負けした。

 今回はもともと不得意な芝に加え、左脇腹痛を抱えたまま臨んだ。本人も「痛みとの戦いだ」とか「故障がある分、目の前の目標に集中できている」などと珍しく痛みを強調。勝てば儲けものみたいな戦いが続いているうちに、この日の3回戦では世界ランク1位のジョコビッチ(セルビア)が同41位のクエリー(米国)にまさかの敗戦。グランドスラムの連勝は30でストップし、実力が飛び抜けていた「本命」が消えた。

 4回戦の相手は同13位のチリッチ。順調なら次から同7位のラオニッチ(スイス)、同3位のフェデラー(スイス)、同2位のマリー(英国)という流れだが、問題は本人や陣営が「勝てるかもしれない」と変な色気をもったときではないか。

 2年前の全米で格下のチリッチに敗れた原因のひとつは本人や周囲の意識過剰。本人は普段通りのテニスができなかったし、周囲もさせられなかったともっぱらだからだ。変な欲が出なければよいのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る