本命ジョコ消え…錦織に「全英勝てるかも」の落とし穴

公開日: 更新日:

 ウィンブルドン男子シングルス4回戦に駒を進めた錦織圭(26)。ここまでの状況は準優勝した14年の全米オープンのときと似ている。

 14年の全米は右足親指の手術明け。本人も周囲もまったく期待していなかったのに、あれよあれよと勝ち進んで決勝進出。大騒ぎになったら、格下のチリッチ(クロアチア)にストレート負けした。

 今回はもともと不得意な芝に加え、左脇腹痛を抱えたまま臨んだ。本人も「痛みとの戦いだ」とか「故障がある分、目の前の目標に集中できている」などと珍しく痛みを強調。勝てば儲けものみたいな戦いが続いているうちに、この日の3回戦では世界ランク1位のジョコビッチ(セルビア)が同41位のクエリー(米国)にまさかの敗戦。グランドスラムの連勝は30でストップし、実力が飛び抜けていた「本命」が消えた。

 4回戦の相手は同13位のチリッチ。順調なら次から同7位のラオニッチ(スイス)、同3位のフェデラー(スイス)、同2位のマリー(英国)という流れだが、問題は本人や陣営が「勝てるかもしれない」と変な色気をもったときではないか。

 2年前の全米で格下のチリッチに敗れた原因のひとつは本人や周囲の意識過剰。本人は普段通りのテニスができなかったし、周囲もさせられなかったともっぱらだからだ。変な欲が出なければよいのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る