日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全英2回戦は雨天順延…錦織圭「左脇腹痛」の深刻度

 この道はいつか来た道ではないか。

 テニスのウィンブルドン男子シングルス1回戦を戦った錦織圭(26)のことだ。

 昨年は2週間前のゲリー・ウェバー・オープンで左ふくらはぎを痛めて準決勝をパス。ウィンブルドンに備えたものの、1回戦でフルセットを戦ったツケは大きく、2回戦を棄権した。

 今年は左脇腹だ。前哨戦の初戦で痛め、2回戦を前に棄権。今回のウィンブルドンに臨んだ。

 昨年と違って初戦はストレート勝ちしたとはいえ、故障を抱えながら試合に臨む過程はほとんど変わらない。

 大会前の練習も終始、軽めだった。ボールが滑り、球足の速い芝のコートでサーブは大きな武器になる。しかし、サーブは左脇腹に負担がかかるため、練習したくてもできなかったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事