プロはわずか100人…小国アイスランドが残したインパクト

公開日:  更新日:

 実力差がスコアに表れた――と言ってしまえばそれまでだが、欧州選手権(ユーロ)でジャイアントキリング(大番狂わせ)を演じてきたアイスランドの息の根を止めたのが、ホスト国にして優勝候補のフランスだったことを思えば、少しは大惨敗のショックも和らぐことだろう。

 ユーロ準々決勝の4試合目・フランスとアイスランドとの一戦は、前半終了間際の連続ゴールで決まった。序盤にFWジルー、MFポグバのゴールで2点のリードを奪ったフランス。このまま後半に入ればアイスランドに逆転の目があったかもしれない。しかし、今大会絶好調のFWペイェとFWグリエスマンが前半43分、45分と立て続けにゴール。後半に2点を返したアイスランドの“夢見心地のユーロ”は、この時点で終幕した。

 それにしてもアイスランドの8強入りは痛快だった。人口33万人。群馬県前橋市、福島県郡山市などと同レベルの規模でプロ契約選手は100人ほど。そんなサッカー小国が初めてユーロに出場し、準々決勝に駒を進めるとは、アイスランド国民でさえ想定外だったはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る