• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロはわずか100人…小国アイスランドが残したインパクト

 実力差がスコアに表れた――と言ってしまえばそれまでだが、欧州選手権(ユーロ)でジャイアントキリング(大番狂わせ)を演じてきたアイスランドの息の根を止めたのが、ホスト国にして優勝候補のフランスだったことを思えば、少しは大惨敗のショックも和らぐことだろう。

 ユーロ準々決勝の4試合目・フランスとアイスランドとの一戦は、前半終了間際の連続ゴールで決まった。序盤にFWジルー、MFポグバのゴールで2点のリードを奪ったフランス。このまま後半に入ればアイスランドに逆転の目があったかもしれない。しかし、今大会絶好調のFWペイェとFWグリエスマンが前半43分、45分と立て続けにゴール。後半に2点を返したアイスランドの“夢見心地のユーロ”は、この時点で終幕した。

 それにしてもアイスランドの8強入りは痛快だった。人口33万人。群馬県前橋市、福島県郡山市などと同レベルの規模でプロ契約選手は100人ほど。そんなサッカー小国が初めてユーロに出場し、準々決勝に駒を進めるとは、アイスランド国民でさえ想定外だったはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る