これぞ貧打戦…巨神に「大胆なテコ入れを」と評論家提言

公開日:  更新日:

「数字が示す通りのゲームになってしまいましたね。どちらも打線の状態が悪すぎる。とても広島追撃などと口に出せる状況ではありません」

 巨人が3-2で逃げ切り、連敗を3で止めた昨5日の阪神戦。チーム打率でリーグワーストを争う両球団の戦いは、巨人OBの評論家・高橋善正氏が冒頭でそう指摘するように、「これぞ、貧打戦」という淡泊な攻撃が繰り返された。

 五回まではともに2安打のみ。巨人はこの時点で10三振、阪神は4三振を喫したが、「それも当然の内容でした。三振、凡打のほとんどがボール球に手を出したもの。両チームとも、投手がひるむような迫力あるスイングをする打者もいない。勝った巨人にしても、これではチームに勢いが出てきません」と、高橋氏は斬り捨てるのだ。

 実際、巨人が六回に挙げた3点も、四球と失策で得た好機をなんとかモノにしただけの話。3番の坂本、4番の長野、5番の阿部が揃って打点を挙げるのは6月19日のロッテ戦以来とはいうものの、七回以降は再び無安打、5三振と打線は沈黙した。結局、計16三振の不甲斐なさである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る