これぞ貧打戦…巨神に「大胆なテコ入れを」と評論家提言

公開日: 更新日:

 この日、中日に逆転勝ちした広島とのゲーム差はこれで巨人が10.5、阪神は13に開いた。

「チームの重苦しいムードを打破し、勢いづかせるにはやはり、打線の復調が一番です。ともにチーム打率が2割4分台(巨人が.246、阪神が.240)の現状では、チームに勢いがつかないばかりか、投手陣にも悪影響が出る。打線の援護が期待できない状況でマウンドに立ち続けるわけですから、そりゃ心身が疲弊する。5月まで防御率0点台と奮闘していた阪神の岩貞が、ここにきて3度も満塁本塁打を被弾するなどしているのも、味方の貧打戦と無関係ではないと思う。いずれにしろ、両軍が巻き返すには、打線のメンバーをガラリと替えるなり、大胆なテコ入れが必要です」(前出の高橋氏)

 情けない一軍とは対照的に巨人の二軍はイースタンの首位を快走、阪神の二軍もウエスタンで3位と踏ん張っている。二軍のチーム打率はそれぞれ.256、.263と悪くない。一軍がこのまま不甲斐ない戦いを続けるなら、一軍と二軍を首脳陣ごと入れ替えた方がまだ、希望が持てるという気すらしてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  5. 5

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  6. 6

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る