金本監督円陣でゲキも 虎中堅&ベテランに漂う白けムード

公開日:  更新日:

 二回の攻撃前だった。阪神ナインはベンチ前で円陣を組み、その中央で金本監督は選手にハッパをかけた。

 厳しい口調に、即奮起したのは金本チルドレンだった。この回、2死一塁から7番中谷が初ヒットをセンターへはじき返すと、四回、六回、八回にも安打を記録。プロ入り初の4安打とひとり気を吐いた。

 チルドレンといえば、5番北條は4タコに終わったものの、6番江越は2本の二塁打でチャンスをつくった。

 一方、監督の声に「無反応」だったのが、生え抜きの中堅とベテラン。1番上本は5タコ1三振。前日は約1カ月ぶりのホームランを打った2番鳥谷も、3タコ2三振(2四球)とブレーキだった。相変わらずの拙攻により9安打1得点の打線は、好投を続けていた左腕岩崎を援護できなかった。

 それにしても、高校野球じゃあるまいし、プロ野球の監督が円陣の真ん中で大声あげるシーンは珍しい。監督の険しい表情と怒声は、一軍経験の浅い選手たちにはある程度の効果はあっても、13年目の鳥谷や8年目の上本選手会長あたりは、逆に白けていたのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る