• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本監督円陣でゲキも 虎中堅&ベテランに漂う白けムード

 二回の攻撃前だった。阪神ナインはベンチ前で円陣を組み、その中央で金本監督は選手にハッパをかけた。

 厳しい口調に、即奮起したのは金本チルドレンだった。この回、2死一塁から7番中谷が初ヒットをセンターへはじき返すと、四回、六回、八回にも安打を記録。プロ入り初の4安打とひとり気を吐いた。

 チルドレンといえば、5番北條は4タコに終わったものの、6番江越は2本の二塁打でチャンスをつくった。

 一方、監督の声に「無反応」だったのが、生え抜きの中堅とベテラン。1番上本は5タコ1三振。前日は約1カ月ぶりのホームランを打った2番鳥谷も、3タコ2三振(2四球)とブレーキだった。相変わらずの拙攻により9安打1得点の打線は、好投を続けていた左腕岩崎を援護できなかった。

 それにしても、高校野球じゃあるまいし、プロ野球の監督が円陣の真ん中で大声あげるシーンは珍しい。監督の険しい表情と怒声は、一軍経験の浅い選手たちにはある程度の効果はあっても、13年目の鳥谷や8年目の上本選手会長あたりは、逆に白けていたのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る