ボルト五輪に“黄信号” 左太もも裏の怪我に重症の可能性

公開日: 更新日:

 世界最速男に黄信号だ。

 陸上男子100メートル(9秒58)、200メートル(19秒19)世界記録保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が4日(日本時間5日)、痛めた左太もも裏の診察を受けるため、ドイツに渡った。自身のインスタグラムで明らかにしたところによれば、現地ではサッカーのC・ロナウド(ポルトガル)ら多くのトップアスリートの治療を手掛けたハンス・ミュラー・ウォルハウルト医師の診察を受けるという。

 ボルトは3日まで行われたジャマイカのリオ五輪選考会(キングストン)100メートル、200メートルとも左太もも裏の違和感を訴えて棄権。2種目とも出場権を手にできなかったが、同国陸連の規定により、救済措置で出場できる見込み。今後、7月22日のダイヤモンドリーグ第11戦ロンドン大会に出場し、8月13日(現地時間)に行われるリオ五輪男子100メートル予選に備えるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る