リオ五輪出場かマスターズVか 錦織圭を悩ます周囲の思惑

公開日:  更新日:

 左脇腹痛のためウィンブルドン4回戦(対チリッチ)を途中棄権した錦織圭(26)。その後の会見でリオ五輪に関してこう言った。

「松山君が出ないというのを(ネットで)見て、僕もあんまり出たくないなと思いました。会うのを楽しみにしていたので」

 錦織は現在、世界ランク6位だが、グランドスラムはもちろん、その下の格付けのマスターズ1000すら勝っていない。過去に勝ったのは500シリーズまでだ。したがって今季、最低限の目標がマスターズ1000を制することだという。

 中でも狙いはロジャーズ・カップ(7月25日からカナダのトロント)とウエスタン&サザンオープン(8月15日から米シンシナティ)とか。

 クレー(赤土)の全仏を取りこぼしたいま、錦織が得意にしているのはハードコート。中学時代から米国育ち。真夏に北米大陸で行われるハードコートの2試合は格好の標的なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る