今季復帰は絶望 メッツのエース右腕ハービーが右肩手術へ

公開日: 更新日:

 メッツは7日(日本時間8日)、エース右腕マット・ハービー(27)が「胸郭出口症候群」のため右肩の手術を受けると発表。近日中にも患部にメスを入れ、投球再開まで4カ月以上を要するため、今季中の復帰は絶望的だという。

「胸郭出口症候群」は首から肩にかけて血行や神経障害が原因でしびれや痛みが生じるもの。握力低下などを引き起こすなど投手としては厄介な故障だ。

 今季のハービーは17試合で4勝10敗、防御率4・86と絶不調。4日のマーリンズ戦で四回途中11安打6失点でKOされたのを最後に右肩の違和感で故障者リスト(DL)入りした。

 13年10月にはレンジャーズ・ダルビッシュ有と同じトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けた。そのダルは復帰早々、右肩の違和感で離脱したが、メッツの右腕の二の舞いにならないか心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る