今季復帰は絶望 メッツのエース右腕ハービーが右肩手術へ

公開日:  更新日:

 メッツは7日(日本時間8日)、エース右腕マット・ハービー(27)が「胸郭出口症候群」のため右肩の手術を受けると発表。近日中にも患部にメスを入れ、投球再開まで4カ月以上を要するため、今季中の復帰は絶望的だという。

「胸郭出口症候群」は首から肩にかけて血行や神経障害が原因でしびれや痛みが生じるもの。握力低下などを引き起こすなど投手としては厄介な故障だ。

 今季のハービーは17試合で4勝10敗、防御率4・86と絶不調。4日のマーリンズ戦で四回途中11安打6失点でKOされたのを最後に右肩の違和感で故障者リスト(DL)入りした。

 13年10月にはレンジャーズ・ダルビッシュ有と同じトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けた。そのダルは復帰早々、右肩の違和感で離脱したが、メッツの右腕の二の舞いにならないか心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る