プロ5年目でツアー初V 葭葉ルミに囁かれる“意外な評判”

公開日:  更新日:

【ニッポンハム女子ゴルフ】

「うれしいです。朝から(優勝を)狙っていましたが、まさか勝てるとは思わなかった」

 プロ5年目の葭葉ルミ(23)が、69で回り通算8アンダーでツアー初優勝を果たした。高3のアマチュア小祝さくらは73とスコアを落とし、通算5アンダーの8位に終わった。

 葭葉は常に上位に顔を出す選手ではないものの、男性ファンが多い。短いスカートや短パンで惜しげもなく生脚を出し、胸も大きい。女子プロの中では、ルックスはいい方だからだろう。昨年からバス釣りにはまり、試合の合間には、森美穂や香妻琴乃、成田美寿々といった釣り仲間と獲物を狙う。

 そんな葭葉には別の顔もある。あるツアー関係者がいう。

「そもそもがサバサバした性格なんだが、報道陣のウケはあまりよくない。1週間前に取材した記者やカメラマンに会っても挨拶しない。例えば葭葉と仲がいい吉田弓美子が報道関係者と話をしていれば、普通の選手なら前を通る時は『こんにちは』ぐらいは言うものです。でも、彼女は表情も変えずにしらんぷりというか素通りです。何も報道陣に媚を売ることはないが、葭葉よりみんな年上なんだから、自分から挨拶するべきです。女子プロ協会は毎年、メディア対応の講義もやっているわけですから。『強烈に気が強い女子プロ』なんて言われていては、葭葉自身が損をしますよ」

 勝負を離れたらやっぱり愛嬌があった方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る