脇腹痛でいまだサーブ打てず…錦織リオ五輪棄権に現実味

公開日: 更新日:

 脇腹痛でウィンブルドンを途中棄権した錦織圭(26=世界ランク6位)が、自身のブログを約3カ月ぶりに更新したのは7月22日。そこには米カリフォルニアに滞在していることに加えて、「まだ少し横腹に痛みがあるので練習は少しずつ始めています」「これから夏のシーズンは大きな大会が連続してあるので様子をみながらやっていきます」などと現状がつづられている。

「カリフォルニアで錦織はチャンとエキシビションをやったのですが、そこでは通常のオーバーハンドのサーブでなく、ラケットを下から出すアンダーサーブだったというのです。脇腹に負担がかかる通常のサーブはまだ無理、痛めた脇腹はそれだけ深刻ということでしょう」(事情通)

 錦織は26日(日本時間26日)開幕のロジャーズ・カップ(マスターズ1000・カナダのトロント)からツアーに復帰予定。その後、8月5日からのリオ五輪、同14日スタートのウエスタン&サザン・オープン(マスターズ1000・米シンシナティ)、同29日からの全米オープンに出場予定だが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る