脇腹痛でいまだサーブ打てず…錦織リオ五輪棄権に現実味

公開日:  更新日:

 脇腹痛でウィンブルドンを途中棄権した錦織圭(26=世界ランク6位)が、自身のブログを約3カ月ぶりに更新したのは7月22日。そこには米カリフォルニアに滞在していることに加えて、「まだ少し横腹に痛みがあるので練習は少しずつ始めています」「これから夏のシーズンは大きな大会が連続してあるので様子をみながらやっていきます」などと現状がつづられている。

「カリフォルニアで錦織はチャンとエキシビションをやったのですが、そこでは通常のオーバーハンドのサーブでなく、ラケットを下から出すアンダーサーブだったというのです。脇腹に負担がかかる通常のサーブはまだ無理、痛めた脇腹はそれだけ深刻ということでしょう」(事情通)

 錦織は26日(日本時間26日)開幕のロジャーズ・カップ(マスターズ1000・カナダのトロント)からツアーに復帰予定。その後、8月5日からのリオ五輪、同14日スタートのウエスタン&サザン・オープン(マスターズ1000・米シンシナティ)、同29日からの全米オープンに出場予定だが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る