脇腹痛でいまだサーブ打てず…錦織リオ五輪棄権に現実味

公開日: 更新日:

 脇腹痛でウィンブルドンを途中棄権した錦織圭(26=世界ランク6位)が、自身のブログを約3カ月ぶりに更新したのは7月22日。そこには米カリフォルニアに滞在していることに加えて、「まだ少し横腹に痛みがあるので練習は少しずつ始めています」「これから夏のシーズンは大きな大会が連続してあるので様子をみながらやっていきます」などと現状がつづられている。

「カリフォルニアで錦織はチャンとエキシビションをやったのですが、そこでは通常のオーバーハンドのサーブでなく、ラケットを下から出すアンダーサーブだったというのです。脇腹に負担がかかる通常のサーブはまだ無理、痛めた脇腹はそれだけ深刻ということでしょう」(事情通)

 錦織は26日(日本時間26日)開幕のロジャーズ・カップ(マスターズ1000・カナダのトロント)からツアーに復帰予定。その後、8月5日からのリオ五輪、同14日スタートのウエスタン&サザン・オープン(マスターズ1000・米シンシナティ)、同29日からの全米オープンに出場予定だが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る