初戦は危なげなし 女子バド奥原“メダルへの敵”は膝の古傷

公開日:  更新日:

 金メダル候補が危なげなくストレート勝ちした。

 リオ五輪バドミントン女子シングルス1次リーグJ組の奥原希望(21)はチャン(24=ベトナム)を2-0で下して白星スタート。世界ランク6位の奥原は同42位の格下相手に序盤から圧倒。最後までリードを保つ余裕の試合運びを見せた。

 奥原は初の五輪にも「もっと緊張やプレッシャーを感じると思ったが、特別な感じはせず、いつも通りにできた」と笑顔。1次リーグ突破は確実な状況だけに「これからどんどん相手のレベルが上がるので、自分も徐々に上げたい」と決勝トーナメントに向けて気を引き締めた。

 昨年12月に日本人で初めてスーパーシリーズ・ファイナルを制覇。今年3月には世界のトップ選手が参加する伝統の「全英オープン(OP)」でも日本人初優勝を果たし、世界ランクを自己最高の3位に上げた。今大会ではスペイン、中国勢とともに優勝候補のひとりに位置付けられているとはいえ、先行きは不透明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る