初戦は危なげなし 女子バド奥原“メダルへの敵”は膝の古傷

公開日:  更新日:

 金メダル候補が危なげなくストレート勝ちした。

 リオ五輪バドミントン女子シングルス1次リーグJ組の奥原希望(21)はチャン(24=ベトナム)を2-0で下して白星スタート。世界ランク6位の奥原は同42位の格下相手に序盤から圧倒。最後までリードを保つ余裕の試合運びを見せた。

 奥原は初の五輪にも「もっと緊張やプレッシャーを感じると思ったが、特別な感じはせず、いつも通りにできた」と笑顔。1次リーグ突破は確実な状況だけに「これからどんどん相手のレベルが上がるので、自分も徐々に上げたい」と決勝トーナメントに向けて気を引き締めた。

 昨年12月に日本人で初めてスーパーシリーズ・ファイナルを制覇。今年3月には世界のトップ選手が参加する伝統の「全英オープン(OP)」でも日本人初優勝を果たし、世界ランクを自己最高の3位に上げた。今大会ではスペイン、中国勢とともに優勝候補のひとりに位置付けられているとはいえ、先行きは不透明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る