• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初戦は危なげなし 女子バド奥原“メダルへの敵”は膝の古傷

 金メダル候補が危なげなくストレート勝ちした。

 リオ五輪バドミントン女子シングルス1次リーグJ組の奥原希望(21)はチャン(24=ベトナム)を2-0で下して白星スタート。世界ランク6位の奥原は同42位の格下相手に序盤から圧倒。最後までリードを保つ余裕の試合運びを見せた。

 奥原は初の五輪にも「もっと緊張やプレッシャーを感じると思ったが、特別な感じはせず、いつも通りにできた」と笑顔。1次リーグ突破は確実な状況だけに「これからどんどん相手のレベルが上がるので、自分も徐々に上げたい」と決勝トーナメントに向けて気を引き締めた。

 昨年12月に日本人で初めてスーパーシリーズ・ファイナルを制覇。今年3月には世界のトップ選手が参加する伝統の「全英オープン(OP)」でも日本人初優勝を果たし、世界ランクを自己最高の3位に上げた。今大会ではスペイン、中国勢とともに優勝候補のひとりに位置付けられているとはいえ、先行きは不透明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る