• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バド日本ダブルスすべて白星発進も メダルには難敵ズラリ

 リオ五輪バドミントンは各種目の1次リーグが始まった。ダブルスは男子、女子、混合とも16ペアが出場。4ペアずつ4組に分かれて1次リーグを行い、各組2位までが準々決勝(決勝トーナメント)へ進む。

 女子ダブルスは、3月の全英オープンで38年ぶりの優勝を手にしたA組で第1シードの高橋礼華、松友美佐紀組(世界ランク1位)が、初戦でグッタ、ポンナッパ組(インド)を2-0で退けた。「タカマツ」ペアは、実力差のあるタイとオランダも撃破して、ベスト8進出は堅い。

 女子ダブルスはロンドン五輪で藤井瑞希・垣岩令佳組が銀メダルを獲得。「タカマツ」ペアは、中国の6連覇を阻んでの金メダル取りが託されている。

 男子は、D組の早川賢一、遠藤大由組が柴飆、洪煒組(中国)に接戦の末、2-1で勝利。世界ランクでいえば8位と5位。格上相手の1勝は大きいが、次戦のインドネシアは、昨年の世界選手権優勝のムハンマド・アーサン、ヘンドラ・セティアワン組(同2位)で一度も勝ったことがない強敵だし、同21位のインドも侮れない。早川・遠藤組は昨年の世界選手権3位。今年の全英でも準優勝しているものの、1次リーグ突破は女子ほど簡単ではない。

 混合ダブルスはD組の数野健太、栗原文音組がアレンズ、ピーク組(オランダ)に2―0で勝った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る