世界記録保持者・鈴木が途中棄権 “競歩アピール”が裏目に

公開日:  更新日:

 23日に行われた世界陸上・男子20キロ競歩に出場した鈴木雄介(27)がレース途中に「棄権」した。

 10キロ過ぎまでは先頭集団に食らいついたものの、今大会前から悩まされていた恥骨炎の痛みが7、8キロ過ぎから出てしまった。「さらに悪化するかもしれないと思い、10キロ過ぎに棄権を判断した」という。

 3月の国内大会で1時間16分36秒の世界記録を樹立。以後は、「リオ五輪の金メダル最有力候補」と言われ、今大会でのメダル獲得も確実視されていたが、期待を裏切った。

 世界記録を出してからの鈴木は、「時の人」となり、テレビを中心としたメディアやイベントに引っ張りだこ。本人は「競歩をアピールするいい機会」と思ってマスメディアに出ていたのかもしれないが、まるで「おもちゃ扱い」だった。ある番組では歩く速さを強調するため、何度も全力疾走するキャスターと競走させられた。5月に東京ドームで行われた巨人戦の始球式でも、右翼ポール下から球団マスコットと競走しながらマウンドに上がるパフォーマンスを見せていた。こうした「お遊び」が調整を狂わせ故障につながったのではないか。

 レース後鈴木は、「来年が一番の本番ですから」と、リオ五輪に向けて気持ちを切り替えていた。本気でメダルを狙うなら、つまらないイベントやテレビ番組には出ない方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る