• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界記録保持者・鈴木が途中棄権 “競歩アピール”が裏目に

投稿日:  更新日:

 23日に行われた世界陸上・男子20キロ競歩に出場した鈴木雄介(27)がレース途中に「棄権」した。

 10キロ過ぎまでは先頭集団に食らいついたものの、今大会前から悩まされていた恥骨炎の痛みが7、8キロ過ぎから出てしまった。「さらに悪化するかもしれないと思い、10キロ過ぎに棄権を判断した」という。

 3月の国内大会で1時間16分36秒の世界記録を樹立。以後は、「リオ五輪の金メダル最有力候補」と言われ、今大会でのメダル獲得も確実視されていたが、期待を裏切った。

 世界記録を出してからの鈴木は、「時の人」となり、テレビを中心としたメディアやイベントに引っ張りだこ。本人は「競歩をアピールするいい機会」と思ってマスメディアに出ていたのかもしれないが、まるで「おもちゃ扱い」だった。ある番組では歩く速さを強調するため、何度も全力疾走するキャスターと競走させられた。5月に東京ドームで行われた巨人戦の始球式でも、右翼ポール下から球団マスコットと競走しながらマウンドに上がるパフォーマンスを見せていた。こうした「お遊び」が調整を狂わせ故障につながったのではないか。

 レース後鈴木は、「来年が一番の本番ですから」と、リオ五輪に向けて気持ちを切り替えていた。本気でメダルを狙うなら、つまらないイベントやテレビ番組には出ない方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る