• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初の金に追い風 女子バド“タカマツ”決勝の相手と7勝4敗

 日本の「タカマツ」ペアが銀メダル以上を確定させた。現地16日のリオ五輪バドミントン女子ダブルス準決勝で高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)が韓国ペアにストレート勝ち。日本時間19日午前0時30分に行われる決勝で、日本勢初の金メダルを狙う。

 高橋が「今大会で一番いい試合」と振り返った準決勝は、第1セットの序盤こそ韓国最強ペアにリードを許したものの、「倒れてもいいくらい打つという感じでやった」という高橋が鋭いスマッシュを連発。逆転して試合のペースを握ると、第2セットは21-15と寄せ付けなかった。

 悲願の金メダルに向けて、追い風も吹いた。

 世界ランキング1位の「タカマツ」は優勝候補の筆頭といわれたが、バドミントンは卓球と並んで中国の独壇場。前回のロンドンでは全5種目を制覇し、女子ダブルスは五輪の過去6大会で金メダル5度と他を圧倒している。世界ランキング2位で今五輪でも「タカマツ」の最大のライバルになるとみられていたその中国の唐淵渟、于洋ペアが日本のあとの準決勝でデンマークに1-2で敗れる波乱が起きたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る