初の金に追い風 女子バド“タカマツ”決勝の相手と7勝4敗

公開日:  更新日:

 日本の「タカマツ」ペアが銀メダル以上を確定させた。現地16日のリオ五輪バドミントン女子ダブルス準決勝で高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)が韓国ペアにストレート勝ち。日本時間19日午前0時30分に行われる決勝で、日本勢初の金メダルを狙う。

 高橋が「今大会で一番いい試合」と振り返った準決勝は、第1セットの序盤こそ韓国最強ペアにリードを許したものの、「倒れてもいいくらい打つという感じでやった」という高橋が鋭いスマッシュを連発。逆転して試合のペースを握ると、第2セットは21-15と寄せ付けなかった。

 悲願の金メダルに向けて、追い風も吹いた。

 世界ランキング1位の「タカマツ」は優勝候補の筆頭といわれたが、バドミントンは卓球と並んで中国の独壇場。前回のロンドンでは全5種目を制覇し、女子ダブルスは五輪の過去6大会で金メダル5度と他を圧倒している。世界ランキング2位で今五輪でも「タカマツ」の最大のライバルになるとみられていたその中国の唐淵渟、于洋ペアが日本のあとの準決勝でデンマークに1-2で敗れる波乱が起きたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る