• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

土性沙羅も金メダル 吉田父直伝の“必殺タックル”決め手に

 3階級制覇の大トリを務めた。リオ五輪の女子レスリング69キロ級で金メダルを獲得した土性沙羅(21)。試合後、栄和人監督を肩車してリングを回ると、涙を浮かべながら日の丸を掲げた。

「たくさんの方に支えられて取った金メダル。(伊調)馨さんと(登坂)絵莉さんの最後まで諦めない試合を見ていて、絶対に最後まで諦めずにやろうと決めていた」と語ったように、前半はロシアのナタリア・ボロベワにリードを許すも、残り時間30秒で左足を取ってのタックルが決まり同点。技での得点を奪った土性が優勢勝ちとなり、初の五輪で金メダルを手にした。

 リオではレスリングの実施階級が4から6に増え、69キロ級は今大会から新設。土性はこの階級の初代女王となった。

 至学館大の現役女子大生で登坂の後輩。あだ名が「金太郎」だという土性がレスリングを始めたのは7歳の時だった。通ったのは「霊長類最強」吉田沙保里の父・吉田栄勝氏(享年61)の経営する「一志ジュニアレスリング教室」。もともと土性の父親・則之さんが三重県立松阪工業高校時代にレスリング部に所属し、国体にも出場した実力者だったが、そのとき顧問をしていたのが栄勝氏だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る