土性沙羅も金メダル 吉田父直伝の“必殺タックル”決め手に

公開日:  更新日:

 3階級制覇の大トリを務めた。リオ五輪の女子レスリング69キロ級で金メダルを獲得した土性沙羅(21)。試合後、栄和人監督を肩車してリングを回ると、涙を浮かべながら日の丸を掲げた。

「たくさんの方に支えられて取った金メダル。(伊調)馨さんと(登坂)絵莉さんの最後まで諦めない試合を見ていて、絶対に最後まで諦めずにやろうと決めていた」と語ったように、前半はロシアのナタリア・ボロベワにリードを許すも、残り時間30秒で左足を取ってのタックルが決まり同点。技での得点を奪った土性が優勢勝ちとなり、初の五輪で金メダルを手にした。

 リオではレスリングの実施階級が4から6に増え、69キロ級は今大会から新設。土性はこの階級の初代女王となった。

 至学館大の現役女子大生で登坂の後輩。あだ名が「金太郎」だという土性がレスリングを始めたのは7歳の時だった。通ったのは「霊長類最強」吉田沙保里の父・吉田栄勝氏(享年61)の経営する「一志ジュニアレスリング教室」。もともと土性の父親・則之さんが三重県立松阪工業高校時代にレスリング部に所属し、国体にも出場した実力者だったが、そのとき顧問をしていたのが栄勝氏だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る