土性沙羅も金メダル 吉田父直伝の“必殺タックル”決め手に

公開日:  更新日:

 3階級制覇の大トリを務めた。リオ五輪の女子レスリング69キロ級で金メダルを獲得した土性沙羅(21)。試合後、栄和人監督を肩車してリングを回ると、涙を浮かべながら日の丸を掲げた。

「たくさんの方に支えられて取った金メダル。(伊調)馨さんと(登坂)絵莉さんの最後まで諦めない試合を見ていて、絶対に最後まで諦めずにやろうと決めていた」と語ったように、前半はロシアのナタリア・ボロベワにリードを許すも、残り時間30秒で左足を取ってのタックルが決まり同点。技での得点を奪った土性が優勢勝ちとなり、初の五輪で金メダルを手にした。

 リオではレスリングの実施階級が4から6に増え、69キロ級は今大会から新設。土性はこの階級の初代女王となった。

 至学館大の現役女子大生で登坂の後輩。あだ名が「金太郎」だという土性がレスリングを始めたのは7歳の時だった。通ったのは「霊長類最強」吉田沙保里の父・吉田栄勝氏(享年61)の経営する「一志ジュニアレスリング教室」。もともと土性の父親・則之さんが三重県立松阪工業高校時代にレスリング部に所属し、国体にも出場した実力者だったが、そのとき顧問をしていたのが栄勝氏だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る