スキンヘッドの名伯楽 栄監督“メダリスト12人育成”の秘密

公開日: 更新日:

 メダリストの教え子がまた増えた。

 女子レスリングは、競技採用された04年のアテネ大会以来、計5人(延べ11人)のメダリストを輩出しているが、そのうち元72キロ級の浜口京子を除く4人(同9人)が、栄和人監督(56)に育てられた。17日現在(日本時間18日現在)、リオ五輪でともにメダルを取った登坂絵莉(22)、土性沙羅(21)も、監督を務める愛知・至学館大(旧中京女子大)の「愛弟子」だ。これで、育てたメダリストは実に7人(同12人)になった。

 五輪3連覇中の吉田沙保里(33)、一足先に女子初の4連覇を果たした伊調馨(32)を筆頭とする女子レスリングの隆盛は栄監督の存在抜きにして語れないのだが、その指導方針は独特だ。

「『選手と信頼関係をつくるとか、選手に好かれるとか嫌われるとか、そういうことは一切気にしない』というのが口癖です。全国の有望選手が至学館大に集まってくるということはありますが、栄監督はその選手たちと1日24時間、1年365日、徹底的に向き合う。私用があれば、練習時間を遅らせてでも自分で選手を見る。吉田沙保里は『ねちっこくて、しつこい』と苦笑いしていたものの、そうやって真っすぐにぶつかっていくことで、自然と信頼関係ができるという考え。『恋愛と一緒』というのも口癖ですね」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る