48キロ金 登坂絵莉は“沙保里イズム”継ぐ類いまれな吸収力

公開日: 更新日:

 軽量級の世界女王が劇的な勝利でリオ五輪の頂点に立った。

 レスリング女子48キロ級決勝が17日(日本時間18日早朝)に行われ、登坂絵莉(22)がマリア・スタドニク(28=アゼルバイジャン)に逆転勝ちで金メダルを獲得。

 登坂は3連覇した昨年の世界選手権(米国・ラスベガス)決勝で破った相手に、開始1分すぎに押し出されて1点を先取された。第2ピリオドも攻めあぐね、自身の反則から1点を追加された。2分すぎに相手の反則から1点を返したものの、その後も攻め切れない。

 しかし、大会前に「終了間際が勝負」と本人が話していた通り、仕掛けたのは5分30秒すぎ、残り試合時間30秒だった。スタミナ切れから上体が浮き始めた相手に得意のタックルに入る。残り15秒で片足タックルを決めて1点を返して追い付くと、試合終了間際にバックを取って逆転、残り4秒で金メダルを手にした。試合後の登坂は「(最後は)ここしかないと思った。これで取れなかったら後悔すると思って力を入れた」と興奮を隠せなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る